2011-2012年版オカムラ総合カタログ 414-415(422-423)

概要

  1. 会議・ミーティング
  2. 会議・ミーティングチェア
  3. 名称別さくいん
  4. L
  5. Leopard〔レオパード〕
  6. ジャンル別さくいん
  7. 09.会議・ミーティングチェア
  8. レオパード
  9. 名称別さくいん
  10. レオパード
  1. 414
  2. 415

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
ヒトの骨格や筋肉のメカニズムを研究して開発さ れた、次世代コンフォートシーティングです。ヒト の動作や姿勢にあわせて、座の位置や背の傾き が追従する機構を導入しました。レオパードは、 着座から起立までのヒトの動きをサポートするこ とで、やわらかな座り心地を実現します。 ロボットテクノロジーから生まれた 次世代コンフォートシーティング。 身体の動きをやわらかく支え、真のリラクゼーションをかなえる独自のメカニズム。 [レオパード] 迎え入れる 人を迎え入れるように前傾した座 面は、着座までの距離が短いた め、筋肉への負荷を軽減しながら 安心感を生み出します。 包み込む 前傾した座面が最大25度沈み込 みながら、背面のメッシュ素材が 身体をやわらかく受け入れ、深く 包み込まれるような座り心地を実 現します。 やすらぎを与える 背面が最大27度やわらかくリクラ イニング。独自のメカニズムでハ ンモックのようなやすらぎとフィッ ト感ある座り心地をお楽しみいた だけます。 送り出す リクライニング姿勢から立ち上が る姿勢まで、背面と座面が追従し て自然な感覚でサポートし、やさ しく送り出します。 身体の負担を軽減する、 レオパード独自のロボットテクノロジー。 ヒトの骨格や筋肉のメカニズムを研究 して人間らしい跳躍・着地を実現した 沖電気工業の「ロボットレッグ」の技 術を研究開発に応用。沖電気工業の ロボットレッグ開発で培われた技術と、 岡村製作所のシーティング開発で培 われた技術が融合し、ロボットテクノ ロジー搭載の全く新しいシーティング を実現しました。 414 会 議 ・ ミ ー テ ィ ン グ チ ェ ア  レ オ パ ー ド 09 ミーティングチェア/レオパード Best of NeoCon 2010 イノベーション賞受賞製品(アメリカ) 世界最大級の国際家具見本市 「NeoCon World’s Trade Fair」へ出展された 製品から、優れた製品に与えられる賞。 iF デザイン賞 受賞製品(ドイツ) ハノーバー工業デザイン協会 主催の世界的に権威のある ドイツの工業デザイン賞。 グッドデザイン賞受賞製品(日本) (財)日本産業デザイン振興会主催。 エルゴノミック エクセレンス賞受賞製品(イギリス) 英国家具産業研究協会FIRA主催の欧州 最上位のエルゴノミックアワード。
右ページから抽出された内容
ミーティングチェア/レオパード 415 会 議 ・ ミ ー テ ィ ン グ チ ェ ア  レ オ パ ー ド 09 レオパードにつきまして は、専門のカタログがあり ます。担当者におたずねく ださい。 その心地よさは、データにも表れる。 各種の検証でも、身体へのやさしさが裏付けられました。 着座時 リクライニング時 筋肉への負担 従来製品と比較すると、レオパードの方 が着座時の背中・腰への負担や、下肢 全般(太もも前側・すね外側)への負 担が軽減していることがわかります。  身体が座面と背に接触するポイントが多いほど、体圧が均等に分散されます。レオパー ドの場合、直立姿勢の時からすでにシートと身体との密着度が高いことがわかります。 レオパード 従来製品 背 尻 筋肉負担検証試験について 筋肉への負担は、自然立位時を 基準とした場合の脊柱起立筋、 太腿直筋肉、前脛骨筋の筋活動 量。筋活動量が低いほど筋肉へ の負担が低いと考えられます。 検証風景 体圧分散図 筋肉への負担 従来製品のように、足に力を入れなく てもやわらかくリクライニングするた め、特に下肢全般の筋肉負担が軽減 されていることがわかります。 レオパードの場合、身体とシートの接触ポイントが多く、体圧が集中する箇所もなく分 散しているため、リクライニング時もシートと身体の密着度が高いことがわかります。 レオパード 従来製品 背 尻 体圧分散図 オカムラでは、地球環境に負荷の少ない材料を採用する とともに、素材ごとに分別設計を行っています。さらに、主 要樹脂部品に材質表示を行い、リサイクルや分別廃棄に配 慮しています。 エコロジー グリーンガード認定(アメリカ)取得製品 室内建材を対象とした米国の環境基準です。 ミドルバック/ホワイトフレームハイバック/ブラックフレーム クロスクッション レザークッション スターベースリングベース 27° 前傾した座面が沈み込みなが ら身体を支え、背は27°の範 囲でリクライニングし、身体 を包み込みます。また、新し いリクライニング機構の採用 により、体重差があってもリク ライニング強弱調整は不要で どなたでも快適な座り心地を 得ることができます。 環境配慮ポイント 25° 背 尻 背 尻

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。