2011-2012年版オカムラ総合カタログ 50-51(58-59)

概要

  1. ワークステーション
  2. オフィスシステム
  3. 名称別さくいん
  4. アルツァータ スパイン
  5. 名称別さくいん
  6. A
  7. ALZATA SPINE〔アルツァータ スパイン〕
  1. 50
  2. 51

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
未来と空間を融合させる、 進化型オフィスシステム。 「さまざまなオフィス環境」に対応できる柔軟性を持っ たアルツァータ スパインに、ベンチスタイルやルーム・ イン・ルームの多様性などを加えました。 これからは、オフィスの「今」と「未来」をつなげ、「未来」 と「空間」を融合させます。 ALZATA SPINE につきましては、専 門のカタログをご 用意しております。 700 700 5100 18001800 3700 50 50 18001800 3700 700 700 18001800 3700 18001800 3700 700 700 5100 700 700 4400 3600700 1600 900 5050 50 50フラットな対向式レイアウトのワークトップにア ドオンパネルを取り付けることで、コミュニケー ションを図りながら対面からの視線も遮断するこ とができます。また、アルトシェア HSとの融合で、 モジュールを変えることなく垂直方向への自由な 展開が可能です。 デスクエンドのベースパネルを立ち上げ、通路と デスクスペースを分けることで、ワーカーが集中 して作業できる執務スペースを確保。また、ベン チスタイルによるオープンなスペースは、フリー アドレスなのでフレキシブルな使い方が可能です。 [アルツァータ スパイン] 50 グリーン購入法 基準適合製品掲載 オ フ ィ ス シ ス テ ム  オ フ ィ ス シ ス テ ム  ア ル ツ ァ ー タ ア ル ツ ァ ー タス パ イ ン ス パ イ ン 01 施工
右ページから抽出された内容
そのスペースに、どんな未来を描いていくか。 いまのオフィスに未来を合わせていくのではなく、いまと未来のニーズにオフィスを合わせていくということ。アルツァータ スパインなら、それが可能 です。ルーチンワークと呼ばれる定型業務の空間も、アイデアを生み出すクリエイティブスペースも、ルーム・イン・ルームによる目的に合わせたスペー スも、臨機応変にコーディネートすることができます。スパインから生まれる、ワーカーに合わせた独創的なオフィス空間。ぜひ未来を、描いてください。 ライブラリースペース ミーティングスペース マネージャースペース 執務スペース ユーティリティスペース 会議スペース ガラスのアドオンパネルを使用することで、クローズドミーティングスペースを、 明るく開放的なセミクローズドのミーティングスペースに変えることができます。 ベンチスタイルの執務スペースにアドオンパネルとサイドワゴンを設置することで、フ リーアドレスのスペースからパーソナルワークのスペースへと変えることができます。 アルトシェア HSは、フレームの連結とパネルのジョイントで構築できる ので、大きなテーブルも設置できるゆとりある会議スペースが創れます。 アルトシェア HSのビームには配線ダクトやオプションの書棚やラダ ーパネルなどを設置でき、家具により安らぎの空間を構築できます。 パネルでコの字型に囲み周囲とセパレートしながら、オー プンなマネージャースペースを構築できます。 コピーやFAXを行うだけのスペースが、ハイカウンターなど の設置で、ラフなミーティングスペースに生まれ変わります。 アルツァータ スパイン 51 グリーン購入法 基準適合製品掲載 オ フ ィ ス シ ス テ ム  ア ル ツ ァ ー タ ス パ イ ン 01

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。