2011-2012年版オカムラ総合カタログ 1_7-1_8(8-9)

概要

  1. 巻頭
  1. 1_7
  2. 1_8

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
オフィスワーカーにも管理者にもメリットのある環境づくりで、快適性や生産性を高めます。 グリーン IT エネルギーセーブ、グリーン IT、ワークプレイス、家具・内装を結びつけ、持続可能なオフィス環境を構築します。 マネジメント GreenWorkplace ワーカーに負担をかけるエネルギー消費の「削減」ではなく、「最適化」を目指します。 エネルギーセーブ エネルギーセーブ ワークプレイス グリーン IT 家具・内装 マネジメント グ リ ー ン ワ ー ク プ レ イ ス 詳しくは、Webで
右ページから抽出された内容
毎日触れる家具や内装は、心地よさを高め、モチベーションの向上や環境意識にも強く働きかけます。 家具・内装 レイアウト、ワークスタイル、運用面の改革による環境負荷の低減で、ワーカーの生産性向上をもたらします。 ワークプレイス オフィスとワーカーの双方が環境に配慮し、創造性や生産性などオフィス本来の 目的・機能を達成しながら環境負荷を低減するオフィスづくりが「グリーンワークプレイス」です。 環境負荷を低減したオフィスは、地球温暖化の原因とされるCO2削減へと貢献します。 地球環境への配慮と同時に、運用コストの削減や働く人にとっての「働きやすさ」との両立が大切です。 働きやすいオフィスは創造性と生産性を向上させ、持続可能な環境配慮の好循環をも生み出します。 地 球 環 境 に 貢 献 し つ つ 、 働 き や す い オ フ ィ ス づ く り 。 Green Workplace 導入のメリット 環境負荷の大幅な低減 オフィスコストの削減 創造性と生産性の向上 ● エネルギー使用量の削減と節減 ● ワーカーに合わせた最適化 ● オフィス環境に合わせた最適化 ● レイアウトの工夫による効率向上 ● 環境負担の少ない仕組みづくり ● 新しいワークスタイルの提案 ● ITを活用した環境配慮の仕組み ● 働き方に合わせたICTの活用 ● ITを活用したエネルギー制御 ● エコマテリアルの積極的な使用 ● オフィス空間内の積極的な緑化 ● メンテナンスとサステナビリティ ● オフィスの課題と目標の「見える化」 ● 空間運用の共有 ● ワーカーの意識共有を促す仕組み

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。