ヘルスケアカタログVol3 19-20(20-21)

概要

  1. 巻頭
  2. コンセプト
  1. 19
  2. 20

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
医師中心の診察から、「納得いくまで説明する」対話重視の診察へ。 医師と患者さんが互いに確かな信頼関係を 築ける空間が理想の診察室です。 インフォームドコンセントや電子カルテの導入により、診察室は大きく変わりつつあると同時に、医師と 患者さんとの間に確かな信頼関係を築くことの重要性が高まっています。 オカムラは、医師と患者さんとの間に理想的な関係が生まれ、より親密なコミュニケーションが可能な 魅力あふれる診察室を実現するための製品を開発。患者さんの緊張を和らげ、医師との理想的なコミュ ニケーションを通じて、確かな信頼関係を築ける診察室づくりをお手伝いします。 19 信頼関係を築く空間 診察 室
右ページから抽出された内容
医師中心の診察室から、 医師と患者さんが対等な関係を築ける診察室へ 従来の診察室 ● 医師優先のスペース配分 ● 医師の見やすさだけが考慮されたモニター位置 ● 医師の椅子に比べて見劣りする患者さんの椅子 ● 遮音性に欠け、プライバシーが守りにくいカーテンに よる仕切り これからの診察室 ● 診察デスクは患者さんと同等のスペース配分 ● モニターは医師と患者さんで共有 ● グレード感に差のない椅子 ● 患者さんのプライバシーに配慮した遮音性の高い間仕切とドア 20 T o t a l S o l u t i o n 診察室

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。