ヘルスケアカタログVol3 23-24(24-25)

概要

  1. 巻頭
  2. コンセプト
  1. 23
  2. 24

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
オープンでありながら「集中作業」と 「コミュニケーション」のスペースを確保し、 人と人とのつながりに気づき、感じられる空間へ 情報の電子化にともない、スタッフステーションにも新たな対応が求められています。電子カルテ の導入は、病棟スタッフのワークスタイルも変化させます。このため、多忙なスタッフが効率的に 作業できる機能性とチーム力の向上を実現することが、安全な医療業務を推進するためにも重要 だといえます。 オカムラは、いくつかの病院で、現場の観察・診断を行い、それをもとにスタッフステーションの改 善提案から製品の導入・検証・アフターフォローまでを一貫して実施しました。これらのモニター事 例を通して、電子カルテの導入、パソコンの増設、情報の一元管理と共有化、個人情報の保護など、 電子化にともなう課題に着目するだけでなく、そこで働くスタッフたちにとっても効率的で、コミュ ニケーションのとりやすい、快適で安全なスタッフステーションづくりをお手伝いしています。 23 ケアの質を高める 働きやすい空間 スタッフステーション
右ページから抽出された内容
電子化への対応で、快適なワークスペースへ ワークツールの変化 紙とペンからパソコンへ シャウカステンからモニター画面へ 保管庫から デジタルデータ保管へ 処置カートから パソコン用カートへ その他の多くの課題 操作方法の習得 用語の統一 パスの導入 セキュリティ管理 個人情報管理 医療安全対策強化 患者確認の導入 スペース効率の悪化 パソコン用カートの増加 電子カルテ用パソコンの増加 ドクタースペースの不足 ワークスペースの 見直しが必要 患者確認の ワークスタイルの変化 紙記録からインプットへ 申し送り方法の変化 バイタルデータ記録の変化 患者情報の入力方法の変化 処置記録方法の変化 投薬確認作業の変化 カンファレンス方法の変化 へ 医医医 電子カルテ 導入 24 T o t a l S o l u t i o n スタッフステーション

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。