ヘルスケアカタログVol3 25-26(26-27)

概要

  1. 巻頭
  2. コンセプト
  1. 25
  2. 26

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
Point 1 Point 2 空間ソリューション 多目的カート 詳しくは P.183▶ 詳しくは P.205▶ 回診(病室内・廊下) 記録 個別申送り 準備(注射薬・内服薬) 従来のスタッフステーション 多目的カート ワークテーブル 点 滴 作 業 台 収 納 ボ ッ ク ス 受付 ナーステーブル T脚タイプ 流し台 ❶ ❷ 多目的カート ワークテーブル流し台 点 滴 作 業 台 収 納 ボ ッ ク ス 受付 パワーユニット ❶ ❷ ア ン プ ル薬 品 棚 カ ル テ ・ 記 録 紙 棚 注 射 ・ 与 薬 カ ー ト器 材 棚 救急 カート 既減菌棚・保冷庫 製氷機・ 劇薬保管庫 流し台 処置・回診カート カルテカート 書類・文具棚・掲示板 記録兼受付 ナースコール スタッフテーブル 作業台 (下部:分別 ペール等) 医師・ 師長コーナー 受付 ④ ③ ③ ③ ② ① ❶壁面には、パソコンの集中作業やドクタースペー スとして使えるワークテーブルを設置 ❷ナーステーブルに挟み込むカンチタイプの多目 的カートを使用して空間効率を向上 ❶壁面には、パソコンの集中作業やドクタースペー スとして使えるワークテーブルを設置 ❷多目的カートは中央のパワーユニットに収納し、 充電しながら入力作業ができる。キャスター付き のテーブルを組み合わせてよりアクティブな展 開も可能 「集中作業」と「コミュニケーション」のスペース確保を通じて、ワークスタイルのサポートだけでな く、人と人とのつながりが感じられ、スタッフが働きやすくなるリニューアルにも対応します。 空間診断 改善提案 納入後 現在使われている状況を観察・診断し、それをもとにスタッフステーションの改善提案から製品導入・検証・アフターフォローま でを一貫して実施。働くスタッフたちにとって、心身ともに快適で効率的な空間づくりをお手伝いします。 空間診断から抽出された課題を解決するだけでなく、そこで働く スタッフにとって快適で安全な空間を具体的にご提案。 執務空間の改善が、看護業務の効率化 を実現します。 現状の観察・診断を行い、看護業務に最適で効率的な空間を改善提案します。 電子化対応のワークツール により、看護業務の効率化を サポート 「電子化」に対応して、多目的 カートを導入した新しい空間 づくりをさまざまなニーズに 合わせてご提案します。 単なるパソコンカートではなく、回 診材料も収納できる多目的カート。 ノートパソコンを使いながら、さま ざまな作業ができるので、作業の効 率化が図れます。 ナーステーブルを使わずに、多目的カート上のパソコンを スタッフステーション内で使用 空間提案 多目的カート上のパソコンをスタッフステーション内でも使用 25
右ページから抽出された内容
電子カルテの導入に合わせて、スタッフステーションの空間改善を行った事例です。コア ユニットを活用して、天井からの配線を安全に処理しています。また、コアユニットテーブ ルには共有スペースを設け、情報の共有化を図っています。 バッテリーを搭載したパソコンカート。都度の充電が必要なく、長時間使用することができます。机に挟み込むカンチタイプの カートの採用により、効率的に空間を活用しています。 天板の高さを変えられるカートを採用、回診時、記録や 準備作業時に使いやすい高さを選べます。スタッフステ ーションでは天板を最上段に設定することでナーステー ブルに挟み込ませることができ、パソコン作業やテーブ ル中央の配線ダクトからパソコンへの充電も可能です。 26 T o t a l S o l u t i o n スタッフステーション

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。