ヘルスケアカタログVol3 27-28(28-29)

概要

  1. 巻頭
  2. コンセプト
  1. 27
  2. 28

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
入院によるストレスを和らげ、患者さんの治癒力を高めていくために、 誰もが快適さを実感しながら安らげる居室空間を目指します。 患者さんは、自身の病状や身体的苦痛と不自由、孤独感など、さまざまな要因により、入院生活への不安やストレスを抱え ることになります。患者さんの療養生活の中心となるのは病室です。病室を含めた療養空間は、病院の他の施設とは異な り、患者さんが日中を快適に過ごし、夜は気持ちよく眠ることができる生活空間であるという視点を忘れることはできませ ん。さらに療養空間が快適であればあるほど、患者さん自身の治癒力を促し、早期回復の助けとなり、さらには早期離床や 早期退院という効果も期待できます。つまり、不安やストレスの軽減、快適な入院生活と自己治癒力の促進を実現する空 間づくりが必要とされているのです。 オカムラは、患者さんに快適で心地よい療養生活を送っていただけるよう、ベッドまわりからパブリックスペースに至るまで トータルに提案。患者さんの精神面をきちんとケアする質の高い療養空間づくりに取り組んでいます。同時に、治療・看護 が効率的に行えるよう、医療スタッフの作業性を向上させる働きやすい環境づくりも目指しています。 27 治癒力を高める 快適な空間 病室・デイルーム
右ページから抽出された内容
Private Space トイレ ブース サイン 床頭収納 シリーズ ヒーリング アート 出入り口ドア シリーズ ダイニング ショップ 屋外庭園 患者 図書室 デイルーム ラウンジ ベッドサイド チェア 快適なベッドまわり Communication Space 会話も弾むくつろぎの空間 Passageway 病室から外への誘い Public Space 積極的な活動に向けての空間 患者さんが自分の体力や気分に合わせて選択できる最適な空間へ T o t a l S o l u t i o n 病室・デイルーム 28

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。