ヘルスケアカタログVol3 297-298(298-299)

概要

  1. 中央診療部門
  2. 検査室
  1. 297
  2. 298

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
297 読 影 室 機 能 回 復 訓 練 室 検 査 室 中 央 診 療 部 門 検査室 組み合わせは自由自在 基本となるコアフレームに、使い方に応じた タイプの脚、さらに豊富なオプションパーツ を組み合わせることで、自由自在なカスタマ イズが可能。拡張性にすぐれ、組み替えも簡 単に行えます。 FLEXIBILITY 検査・実験台の基本と なる、可能な限り無駄 を省いたシンプルなフ レーム。さまざまなパー ツがここに加わること で、あらゆる検査・研究 施設にとっての“ベスト な検査・実験台”を実現 します。 コアフレーム STYLE 02 天板を広く使いながら 十分な収容スペースを確保するシェルフ・スタイル 検査・実験台の上部を棚として利用する基本的なスタイル。デスクワ ークに加えて計測機器や分析機器などの使用・収納が可能です。 部材の組合せで、さまざまなスタイルが実現できます。 STYLE 01 薬品や備品の一時保管に最適な 試薬ボックス・スタイル アッパーユニットにガラス扉付きの試薬ボックスを設置し、検査・研究に使用する薬 品や各種備品の一時的な保管スペースとして活用。木目パネルを取り付ければ、 単調になりがちな検査・研究室に明るく落ち着いたイメージをプラスできます。 ●コアフレーム(ハイタイプ)●脚(ロング・ショート) ●メラミン天板 ●配線カバー ●ブラケット棚 ●木目パネル ●ユーティリティビーム ●照明 ●支柱エンドカバー ●コアフレーム(ハイタイプ)●脚(ロング・ショート) ●耐薬性天板 ●配線カバー ●ブラケット棚 ●木目パネル ●試薬ボックス ●ユーティリティビーム ●支柱エンドカバー リフォルマ ラボシステム[リフォルマ]受注生産 施工
右ページから抽出された内容
298 読 影 室 機 能 回 復 訓 練 室 検 査 室 中 央 診 療 部 門 リフォルマ ■ さまざまな備品を 保管するためのラ ック専用としても お使いいただけま す。 ラック STYLE 04 大型機器を配置するなど 天板を使わないスタンド・スタイル 天板がなくても自立する独自構造で コアフレームと棚だけの組み合わせ も可能。棚の位置変えや取り外しによ って、床に直置きするような大型機器 でも検査・実験台に密接する形で配置 することができます。 STYLE 03 天板だけをシンプルに 広く使用する フラット・スタイル 天板をできるだけ広く使用したい 場合には、ロータイプのフレームと 組み合わせることでフラットな検 査・実験台となります。中央配線カ バーの使用によりコード類もすっ きりと収納できます。 両面を検査・実験 台として使用する 場合、コアフレー ムの両側に天板を 取り付けます。 中央検査・実験台 (両面検査・実験台) 壁 際 へ の 設 置 な ど片面だけを使用 する場合には、天 板を1枚だけ取り 付けます。 壁面検査・実験台 (片面検査・実験台) ●コアフレーム(ロータイプ)●脚(ロング・ショート)●耐薬性天板 ●配線カバー ●支柱エンドカバー ●支柱トップカバー ●コアフレーム(ハイタイプ) ●脚(ロング・ショート) ●配線カバー ●ブラケット棚 ●ユーティリティビーム ●ハット ●支柱エンドカバー

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。