ヘルスケアカタログVol3 29-30(30-31)

概要

  1. 巻頭
  2. コンセプト
  1. 29
  2. 30

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
患者さんの快適な療養生活を実現するために、 患者さんにストレスを感じさせないベッドまわりの快適性と機能性を実現します。 タテ型の医療ガスアウトレットにより、 患者さんのアメニティと医療スタッフの 作業効率を改善 これまでの医療ガスアウトレットは患者さんの頭 上にあり、患者さんに緊張感を与えるだけでなく、 医療スタッフが作業することで患者さんに煩わし ささえ与えてしまっていました。 オカムラは、従来の壁面埋め込み型を見直し、医 療ガスアウトレットをタテ型にしてベッドサイドに 配置。これにより患者さんの頭上から設備がなく なり、それまで感じていた圧迫感や不快感が解消 され、ストレスの軽減が実現します。また、吸引器 の取り付けや取り外しがしやすく、レベルゲージも 見やすくなりますので、医療スタッフの作業効率 も向上しました。 患者さんのご家族が付き添う際にも 心地よい休養をもたらす 患者さんのご家族が付き添う際には、看病の疲れ を癒し、快適で心地よい休養をもたらすベッドチェ アやソファベッドが必要になります。簡単な操作で ベッドに変わる家具をご提案します。 ベッドサイドワゴンに 新しい機能をプラスし、 患者さんの使い勝手に配慮 ワゴンの側面に収納を設け、日常よく使 用するものの出し入れを簡単にしまし た。身体の不自由な患者さんにも使いや すいユニバーサルデザインで、ストレス を軽減します。 憩いの場でのやさしいひとときが 日々の療養生活に潤いを与えます。 患者さんにとって病室以外に自由に行き来でき、 リラックスできる場所は、面会の方や患者さん同 士のコミュニケーションスペースであるデイルー ムです。やさしさや温かみのある木製家具や植 栽、アートを使って潤いある空間づくりを行うな ど、単調になりがちな療養生活を和らげる工夫が 必要です。 Point 1 Point 2 Point 2 患者さんのベッドまわり くつろぎの空間 付き添いのベッドチェア・ソファベッド 詳しくは P.265、P.275▶ 詳しくは P.256▶ 頭上に取り付けられた吸引器は、患者さんのストレス になったり、医療スタッフが作業しづらいものです。 オカムラは医療ガスアウトレットをタテ型にしてこの 問題を解消、ホテルのような快適性を実現します。 ベッドチェア ソファベッド(横スライドタイプ) ヨコ型コンソール タテ型配管ユニット リフレッシュできる屋外庭園リラックスできるデイルーム 29
右ページから抽出された内容
各ベッドサイドに窓を設け個室のような空 間をつくり、プライバシーの確保を図った 病室。ベッドサイドのワゴンはテレビが見 やすいスライド式で、テレビの向きも自在 に調節することができます。 多様な家具を配置した、好みの場所で過ごすことので きるデイルームです。窓際のカウンターで外の景色を 眺めたり、ファミリーレストランタイプのソファとテー ブルで家族と談話したりと使い方はさまざまです。 中庭の見える通路脇のちょっとしたスペースにラウン ジチェアを配しています。窓から見える緑や壁に飾った アートがゆったりと過ごせる癒しの空間を演出します。 T o t a l S o l u t i o n 病室・デイル ーム 30

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。