ヘルスケアカタログVol3 51-52(52-53)

概要

  1. 巻頭
  2. 納入事例
  1. 51
  2. 52

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
総合病院 国保旭中央病院 所在地 千葉県旭市イの1326 本館竣工 2011年3月(5月より稼働開始) 建物 地上12階 診療科目 36科目 病床数 989床 設計 株式会社 横河建築設計事務所 施工 株式会社 奥村組、阿部建設 株式会社 コンサルティング 株式会社 システム環境研究所 多くの人が行き交う総合受付・会計エリアは、吹き抜けを利用して明るく広々とした空間を演出。患者様が最短距離で移動できるよう、ロビーチェアの両側に通路を設けている。 新 本 館 の 建 設 に より 、診 療 圏 人 口100万 人 を 擁 す る 東 総 地 域 の 中 核 病 院      『すべては患者様のために』を基本理念に、「先進的で、わかり やすく使いやすい機能的な病院」「患者様に優しく、職員が働きや すいアメニティに配慮した病院」「将来の成長と変化に柔軟に対 応する病院」「安全、安心な災害に強い信頼性の高い病院」「環境 や風土に配慮し、地域とのつながりを大切にした病院」を目ざして 2006年から再整備事業を進めている総合病院 国保旭中央病 院。免震構造による耐震性の確保をはじめ、救急を中心とする高度 医療の再構成や、患者様の療養環境の向上など、地域医療の要と しての機能の充実を図っています。  2011年5月にオープンした本館に引き続き旧棟の改修等を経 て2012年度末に再整備事業が完結する予定で、これまで分散し ていた診療機能が集約され、患者様やスタッフの負担が大幅に軽 減されます。旭中央病院は、更に安全で安心、先進的で高品質の医 療の提供を実現します。 51
右ページから抽出された内容
各科待合には、インテリアとコーディネートした明るい張地のソファを採用。 スタッフのスキルアップ研修など、多用途に対応できるよう考慮された会議室。 300席以上収客可能な大講堂「しおさいホール」。 大規模災害時などに備え、医療用ガス設備も配備されている。 メディカルクラーク席を設けた診察室。OA装備を充実させ、医療情報の電子化 に対応。   とし て の 機 能 を 一 新 。 納 入 事 例 52

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。