ラボラトリーカタログVol2 21-22(22-23)

概要

  1. コンセプト
  2. 研究施設事例
  1. 21
  2. 22

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
21 集中作業に没頭しがちな研究者同士が、自然な形でコミュニケーションをとれるよう、 集中エリアとコミュニケーションエリアを有機的に配置した、 知識創造を誘発する研究開発施設づくりがトレンドになりつつあります。 コミュニケーションエリアの効果的な配置が、 研究開発施設づくりのキーワードに。
右ページから抽出された内容
22 ◎研究施設事例◎ コミュニケーションエリアと集中エリアを 有機的に配置した最先端の研究開発施設について、 「日経ニューオフィス賞」を受賞した事例からご紹介します。 ●エプソンイノベーションセンター(P23-24) ●株式会社山武 藤沢テクノセンター第100建物(P25-26) ●タクボエンジニアリング株式会社 東金テクニカルセンター(P27-28)

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。