ラボラトリーカタログVol2 277-278(278-279)

概要

  1. 実験室
  2. バイオハザード
  1. 277
  2. 278

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
■バイオハザード クラスⅡA2 ●設置上の注意事項  日本国内における規格JIS K 3800:2000の型式認定を取得した製品です。 (承認番号NO.HT-02-07) ●視野のワイド化  前面シャッタの下枠を無くし、広い視野を確保しています。 ●シャッターの機構  シャッタ開口高さが、不用意に200mm以上開かないよう、ストップ機構とア ラーム音の双方でサポートします。 JIS K3800:2000型式認定品 SCV-1305EC Ⅱ ABJ ■寸法図 製品コード L7H241P 型 式 SCV-1305EC Ⅱ ABJ 性   能 集じん要素 HEPAフィルター 集じん効率 0.3μm粒子にて99.99%以上、スキャンテスト合格品 排気風量 9.0〜9.8m3 /min 風速 作業台内 平均 m/s 奥列0.31±0.025m/s 各点のバラツキは±20%以内 2列0.34±0.025m/s 各点のバラツキは±20%以内 3列0.43±0.025m/s 各点のバラツキは±20%以内 手前列0.52±0.025m/s 各点のバラツキは±20%以内 流入開口部 平均0.6m/s±0.025m/s 細菌試験 方法 ネブライザにより枯草菌芽胞を噴霧しサンプリングする。 Personnel Protection Test AGIサンプラ合成浮遊液からのコロニー数 10個以下 スリットサンプラからのコロニー数 5個以下 Product Protection Test 作業台に敷き詰めたペトリ皿のコロニー数 5個以下 Cross contamination Test 側面から360mm以上離れたペトリ皿のコロニー数 2個以下 本体気密度 本体内部にハロゲンガスを充填し500Paに加圧したと きの本体各部からの漏れ量1×10-5 cm3 /s以下 紫外線強度 作業台全域40μW/cm2 以上 照度 平均950lx以上 騒音値 作業台前方300mmかつ作業台面からの高さ 380mmの点に於る騒音値67dB(A)以下 作業台最大積載荷重 50kg 機外静圧 0Pa(Bタイプで使用時はダクト圧損と室内負圧分以 上の排気ファンをご準備ください。) 電源(電源コード) AC1φ100V 50Hzまたは60Hz(15A×1本) 消費電力 (コンセント容量不含) 50Hz 約430W(照明灯含む。コンセント容量不含。) 60Hz 材 質 お よ び 構 造 HEPA フィルター 循環用(t65mm) 1240×500×t65mm 1本 排気用(t65mm) 610×610×t65mm 1本 本体ケース材質 鋼板製、塗装(SUS部を除く) 作業台材質 SUS304、JISの仕上げNo.4相当板 コーナー部分はR仕上げ 作業台高さ調整 アジャスタにより-30〜+10mm調整可能 照明灯(昼光色) 40W 2灯 インバータ式(昼光色) 製品コード L7H241P 型 式 SCV-1305EC Ⅱ ABJ 材 質 お よ び 構 造 殺菌灯 15W 2灯 グロー式 前面扉(無色透明強) 無色透明強化ガラス t5mm SUS枠仕上げ(下部を除く) 吹き出しパンチング板材質 SUS304 送風機 両軸シロッコファン2台 作業用コンセント 防滴形コンセント(2口、2P、接地極付)1個(合計許容電流5Aまで) ガスバーナー 1本(ガス種類を御指定ください。:LPG、12A、13A、6A、6B、6C他 全ガス種) 真空配管 1本(ただしバルブは不付、ゴムキャップ付) 塗装色 ネオホワイト半ツヤ(マンセルNo.5Y/8.5/1相当) 本体質量 約320kg 最大分割寸法(W×D×H) 1,500×780×1,550mm 設 置 上 の 注 意 事 項 ダクト接続する場合 Bタイプとして使用する場 合はダクト接続する場合 があります。( ) (1)(ダクト圧損+設置室内の負圧分)=△P Paを補償する排気ファンを設けて下さい。 (2)キャビネットの排気風量に相当する空気が実験室 に供給されていることを確認して下さい。もし、供給 されていませんと、キャビネットの所定の排気風量が 確保できず、性能が得られないことになります。 (3)キャビネットの保護およびメンテナンス時のために キャビネットの排気フランジと建屋ダクトの間に、取 外し可能なフレキシブル継手を設けて下さい。 (4)遺伝子組換え生物等の使用実験の場合は、関連 法規を参照の上遵守してください。 (5)本体の運転停止時に、排気フードの設置場所に よっては、外風の影響等により外気が逆流する可 能性があるため、チャッキダンパーやモーターダン パー等の逆流防止措置を講じてください。 ダクト接続しない場合 (1)キャビネットをホルムアルデヒドガスで滅菌作業をする 場合に備え滅菌作業後のガスを排出するための排 気口を本体から5m以内の位置に設けて下さい。 (2)キャビネットの本体排気口から天井面まで300mm 以上のメンテナンススペースを設けて下さい。 税込価格(本体価格) ¥1,968,750(¥1,875,000) ■仕様 277 実 験 台 備 品 環 境 制 御 施 設 ヒュームフード 実 験 室 環境制御施設
右ページから抽出された内容
■バイオハザード SCV-1303EC Ⅱ C ■寸法図 クラスⅡB2(全排気型) オールフレッシュ方式を新採用! 給気系と排気系を各々独立させ、循環させないオールフレッシュ方 式を採用しています。さらにキャビネットの内外には、HEPAフィル ターと作業開口部のエアバリアで実験者の感染抑制と実験材料の 保護を同時に行うものです。これらの構造のため、気流の循環を嫌 うバイオハザードの実験に適します。 ●正圧汚染域を負圧域で囲む構造 ●発ガン性物質、放射性核種処理したものも取り扱い可能  これらの処理を施したものを扱う場合は、除染方法や関連の規制と照らし合わ せ、解決方法を講じた上でご使用ください。 製品コード L7H251P L7H252P L7H253P 型 式 SCV-803ECⅡC SCV-1303ECⅡC SCV-1903ECⅡC 性   能 集じん要素 HEPAフィルター 集じん効率 0.3μm粒子にて99.99%以上、スキャンテスト合格品 風量 排気 14.0〜22.0m3 /min 22.8〜35.7m3 /min 36.0〜42.0m3 /min 風速 作業台内 平均0.30〜0.52m/s N S F 規 格 に 準 拠 流入開口部 平均0.55〜0.70m/s(規格は0.5m/s以上) 細 菌 試 験 方法 ネブライザにより枯草菌芽胞を噴霧し、サンプリングする 内 容 Personnel Protection Test AGIサンプラ合成浮遊液からのコロニー数 10個以下 スリットサンプラからのコロニー数 5個以下 Product Protection Test 作業台上に敷き詰めたペトリ皿のコロニー数 5個以下 Cross Contamination Test ネブライザから355.6mm以上離れたペトリ皿のコロニー数 0個 本体気密度 本体内部にハロゲンガスを充てんし、500Paに加圧し たときの本体各部からの漏れ量8.9×10-5 cm3 /s以下 紫外線強度 作業台全域40μW/cm2 以上 照度 平均950lx以上 平均800lx以上 騒音値* 67dB(A)以下 69dB(A)以下 作業台最大積載荷重 50kg 機外静圧 0Pa 電源(電源コード) 交流単相100V 50Hzまたは60Hz(15A×2本) 消費電力 (コンセント容量含まず) 50Hzの場合 310W 460W 680W 60Hzの場合 420W 630W 860W 製品質量 320kg 370kg 550kg 材 質 お よ び 構 造 HEPA フィルター 循環用 500×760×t150mm 1枚 500×610×t150mm 2枚 500×610×t150mm 3枚 排気用 610×760×t150mm 1枚 610×610×t150mm 2枚 610×610×t150mm 3枚 本体ケース材質 鋼板製(樹脂焼付塗装仕上げ)(SUS部を除く) 作業台材質 SUS304 JISの仕上げ No.4相当板 コーナー部はR仕上げ 照明灯 30W蛍光灯2本 (昼光色) 40W蛍光灯2本(昼光色) 製品コード L7H251P L7H252P L7H253P 型 式 SCV-803ECⅡC SCV-1303ECⅡC SCV-1903ECⅡC 材 質 お よ び 構 造 殺菌灯 15W殺菌灯 1本 15W殺菌灯 2本 前面扉 無色透明強化ガラスt5mm、SUS仕上げ(下部を除く) 吹き出しパンチング板 SUS304 JISの仕上げNo.4相当板 作業用コンセント 防滴型コンセント(2P、接地極付き×2口)1個(合計許容電流10Aまで) 最大分割寸法(幅×奥行×高さ) 1,000×780×1,700mm 1,500×780×1,700mm 2,150×780×1,700mm 塗装色 ネオホワイト半ツヤ(マンセルNo.5Y8.5/1相当) ガスバーナー 1本(ガスの種類はご指定による) 真空配管 1本(ただしバルブは不付き、ゴムキャップ付き) 設 置 上 の 注 意 事 項 必ず右図に示すように屋外 排気としてください (1)(ダクト圧損+接地室内の負圧分)=△P Paを保証する排気ファンを設けてください。 (2)キャビネットの保護およびメンテナンス時のために、 キャビネットの排気フランジと建屋ダクトの間に、取り 外し可能なフレキシブル継手を設けてください。 (3)遺伝子組換え生物等の使用実験の場合は、関連法 規を参照の上遵守してください。 (4)本体の運転停止時に、排気フードの設置場所によっ ては、外風の影響等により外気が逆流する可能性が あるため、チャッキダンパーやモーターダンパー等の逆 流防止措置を講じてください。 使用上の注意事項 細菌試験性能はスライドシャッターの作業開口高さが 200mmの場合を示します。この高さを確保するための位 置決め金具が本体に取り付けてありますので、実験作業 時はこれを利用し、必ず作業開口高さを200mmとしてご 使用ください。 税込価格 (本体価格) ¥2,173,500 (¥2,070,000) ¥2,835,000 (¥2,700,000) ¥3,701,250 (¥3,525,000) ■仕様 *騒音値は作業台前方305mmかつ作業台面からの高さ381mmの点です。 ■寸法詳細図 型番 L1 L2 SCV-803EC Ⅱ C 800 1,000 SCV-1303ECⅡC 1,300 1,500 SCV-1903ECⅡC 1,950 2,150 ■気流構造図 ●価格には組立て施工費・配送費は含まれておりません。別途申し受けます。●表示価格はすべて税込価格です。( )内は本体価格です。 単位:(mm) 278 バイオハザード ■ 実 験 台 備 品 環 境 制 御 施 設 ヒュームフード 実 験 室

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。