パブリックカタログVol3 29-30(30-31)

概要

  1. 初等・中等教育
  2. 特別教室
  1. 29
  2. 30

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
理科教室 フレキシブルに移動できる実習テーブルで、効率的な実験空間をつくります 実験テーブルは、設備部分と実習部分に分かれており、設備ユニットの横にテーブルを設置することで実験に適した空間を、 また、テーブル同士を組み合わせてグループ考察や先生の説明を聞くのに適した環境をつくります。 D B CF A E テーブルは学習内容 に応じて簡単に移動 ができ、設備ユニッ ト横に設置すれば実 験に適したレイアウ トになります。 先生が授業前に予備実 験を行うコーナー。生 徒たちに触れられたく ない教材や薬品類は、 準備室にカギを掛けて 保管します。 多種多様な実験機材が収納できます。 子どもたちの作業の様子を見渡せるよ う、黒板前の中央に配置します。 効率よく保管できる ユニットタイプの収 納 を 設 置 す る こ と で、使用する備品の 準 備 や 片 付 け が ス ムーズに行えます。 テーブル同士を組み合わせると、実 験後の結果や考察をグループで話し 合うのに適したシーンになります。 【実験時のレイアウト】 【グループ学習時のレイアウト】 シエンタ理科実験テーブルA P.233 ∼ P.236 スツールB P.267 スクールライン RD P.273 ∼ P.282 ヒュームフード ブレッツァE P.245 ∼ P.246 Wシリーズ 流し台F P.290 ∼ P.292 シエンタ教師用理科実験台C P.233 ∼ P.236 特 別 教 室   理 科 教 室 R_027-033.indd 29 11.12.7 0:48:11 PM
右ページから抽出された内容
しっかり正面を向いて講義に集中するスタイルも可能な実験室 実験時のレイアウトは、設備ユニットを安全かつ快適に使え、観察やグループ研究にも適しています。 テーブルを移動することで、生徒たち全員が先生と対面した講義レイアウトが可能で、授業への集中度の高い環境をつくります。 【講義時のレイアウト】 【グループ学習時のレイアウト】 AB C E D 理科教室 生徒たちが 4 人横に並ぶ 講義スタイルで、授業へ の集中度の高い実験室空 間が生まれます。 実習台にシンクがなくて も、壁面に流し台を設置 することで水を利用する 実験にも対応できます。 テーブルを容易にレイア ウト変更して、グループ で の 実 験 や 観 察、 研 究 に 適 し た 空 間 が ス ピ ー ディーにつくれます。 先生の実験台と対面でき るので、実験手順や方法 をしっかり確認でき、安 全な授業が展開できます。 P.267 30 の ば す 場 初 等 中 等 教 育 施 設 スクールライン RD シエンタ理科実験テーブルA スツールB シエンタ教師用理科実験台C 上下式黒板E P.233 ∼ P.236 P.216 ∼ P.218P.273 ∼ P.282 P.233 ∼ P.236 R_027-033.indd 30 11.12.7 0:48:24 PM

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。