パブリックカタログVol3 39-40(40-41)

概要

  1. 初等・中等教育
  2. 特別教室
  1. 39
  2. 40

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
特 別 教 室   家 庭 科 教 室 【試食時のレイアウト】 【調理時のレイアウト】 AC E F BD設備ユニットをグループテーブル の中央に設置し、実習を安全かつ 快適に行いやすいレイアウトです。 教員用の実習台は生徒の作 業が確認しやすいよう教室 のセンターに設置します。 コミュニケーションを 育む試食時のレイアウ トとしても最適です。 テーブルを移動してグループで意見を出 し合ったり、発表を聞いたり、先生の説明 を聞くのにふさわしい環境をつくります。 調理・被服どちらの授業にも対応できる高度利用が可能な教室 調理実習では、テーブルを移動させ実習と試食に合わせた環境をつくります。 また、設備ユニットの上にフタをして天板として活用でき、被服実習室としても活用できる高度利用が可能な実習室です。 家庭科 教 室 P.267 P.256・P.263 Wシリーズ 調理・被服兼用実習台Bコトーネ 調理・被服兼用実習台A スクールライン RF スツールC 2口コンロD Rシリーズ 流し台E P.262 ∼ P.264 P.261 P.289 P.273 ∼ P.282 R_035-042.indd 39 11.12.7 0:50:51 PM
右ページから抽出された内容
40 の ば す 場 初 等 中 等 教 育 施 設 C F BED 調理室と被服室兼用の場合に は、十分な収納スペースを確 保することが大切です。 家庭のキッチンの雰囲気に近い、 直線型の実習台です。 食材・実習道具などさまざまな 教材を活用する先生をサポート する可動式テーブルです。 調理時の試食テーブルは被服台 としても活用でき、調理室と被 服室を兼用することができます。 A 調理実習スペースを壁面に集中させ、教室中央は多目的な利用ができる空間です 調理実習のためのスペースを壁面に集中させることで、教室の中央に多目的に利用できる空間が生まれます。 調理実習での試食はもちろん、被服の実習やグループ作業のほか、地域開放のためのスペースとしても活用できます。 家庭科 教 室 パラート 壁面レイアウトタイプD コトーネ 実習テーブルA パラート リーフテーブルB スクールライン WC パラート 丸型サブテーブルE スタッキングスツールF P.264 P.251 P.283 ∼ P.288P.249 P.252 P.377 R_035-042.indd 40 11.12.7 0:51:02 PM

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。