パブリックカタログVol3 47-48(48-49)

概要

  1. 初等・中等教育
  2. 特別教室
  1. 47
  2. 48

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
特 別 教 室   芸 術 教 室 豊かな感性と創造力を伸ばしていく教室 自由な時間をたくさん持った多感な学生時代に、美術への興味の扉を開くきっかけは生まれます。 生涯にわたって心の豊かさの源となる芸術との出会いを実らせていく授業の場です。 美術・ 図工教室 C D A B EF 絵の具やねん土を使用す る美術・図工室では、流 し台スペースが欠かせま せん。 イーゼルを立てるスペー スがない場合、机面を傾 斜できるタイプのデスク が活躍します。机は軽量 なので移動も容易です。 制作中の作品を保管したり 完成品を展示するために、 ロータイプ収納の天板面を 効果的に利用します。 収納と教室扉のダブルロッ クで、セキュリティ面も安 心です。 Rシリーズ 流し台B教師用美術机A モニタースタンドF 美術室用スカラーデスク・チェアC スクールライン RD 曲面黒板E P.266 P.266 P.273 ∼ P.282 P.216 ∼ P.218 P.333 ∼ P.334 P.289 R_043-049.indd Sec1:47 11.12.7 0:54:52 PM
右ページから抽出された内容
48 の ば す 場 初 等 中 等 教 育 施 設 手と頭、全身を使ってものをつくる喜びを体感する教室 自分で工夫をしてつくる方法を見つけたり、いつもは手にしない道具を使ったり、自分の手でものを生み出していく過 程そのものも技術・工作の大切な要素です。そして、安心・安全にものづくりに取り組める環境づくりが大切です。 技術・ 工作教室 E A D B 技術室で使用する工具は、グループ で共同使用する場合が多いため、グ ループテーブルタイプを採用します。 工作室の作品は大型のものも多 いため、教室には持ち帰りませ ん。工作室内で一時的に保管で きるスペースを確保します。 先生の作業台は生徒 の作業がよく確認で きる教室のセンター に配置します。 種類の豊富な工作用 の道具は効率的に分 類できる壁面収納に 収納します。 C F 教師用美術台D 流し台A 平面黒板B スクールライン WC 生徒用金工台E 技術教室用チェアF P.291 ∼ P.292 P.216 ∼ P.218 P.283 ∼ P.288 P.266 P.266 P.266 R_043-049.indd Sec1:48 11.12.7 0:55:20 PM

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。