パブリックカタログVol3 69-70(70-71)

概要

  1. 初等・中等教育
  2. 集いのスペース
  1. 69
  2. 70

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
バックヤードは、視聴覚室で使用する教 材の保管場所として、また、舞台を使用 するシーンでは、その前室として利用す ることを想定しています。 視聴覚室は、普通教室ではできない オーディオやビジュアル教材を活用 した授業が可能です。 先生のシステムコントロール時の負 担を軽減する操作卓は、キャスター 付を選定することで、不要時には移 動することもできます。 大人数を収容する教室では、生徒が使った後、 デスクやチェアを一列に並べるのに非常に時 間がかかります。固定席を設置することで、 その悩みを解決し、時間の無駄を省きます。 学年で集まり、交流や団結を深める空間 必要な機能を備えた空間であるとともに、学年が一同に集まれる空間としての役割も重要です。 学年イベントへの対応や、視聴覚設備を生徒たちが自主的に運用していけるようにすることで、活用度の高い教室が生まれます。 視聴覚室 A D EC B F スクールライン WB引分式黒板A ラータス・トレスⅡD AV 教卓E P.319 ∼ P.320 P.216 ∼ P.218 P.283 ∼ P.288 P.215・P.330 スクリーンC 総カタ 2011‒2012 P.523 集 い の ス ペ ー ス R_066-072.indd 69 11.12.7 1:02:09 PM
右ページから抽出された内容
講義形式のレイアウトは、少人数学習での授 業に最適です。テーブルを組み合わせれば、 グループ学習にも活用することが可能です。 ロの字に囲んだレイアウトでは、 委員会や生徒会での話し合いの シーンで、お互いの顔を見合わ せて活発に意見交換できる雰囲 気をつくります。 生徒のテーブルは、可動式を選 定することで移動やレイアウト 変更をスムーズに行うことがで きます。 習熟度別授業や委員会、クラブ 活動では、大教室を 2 つの小教 室に分けるのにこの間仕切が活 躍します。 クラス単位で集まることができる、フレキシブルな空間 いつもの教室とは異なる空間を上手に活用することで、環境を変えることで新鮮な気持ちで取り組むことができたり、 状況に合わせた環境に可変させることで集中度を高めることができます。また、少人数指導や地域の活動にも対応できます。多目的ルーム C A D B E F P.504 キャレラD フィエリーアクトA クリールB アクテオ 収納C ホワイトボードE 演台F P.225 ∼ P.226 総カタ 2011‒2012 P.890 総カタ 2011‒2012 P.516 P.301 ∼ P.302 P.305 ∼ P.306 ふ れ あ う 場 70 初 等 中 等 教 育 施 設 R_066-072.indd 70 11.12.7 1:02:18 PM

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。