パブリックカタログVol3 75-76(76-77)

概要

  1. 初等・中等教育
  2. 職員サポートスペース
  1. 75
  2. 76

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
効率的に働くことのできる 環境を目指して いま、先生の働く環境が注目されています。 生徒たちと常に接している状況の中で、 休憩時間の確保も難しい状況にあるといわれています。 オカムラは、先生の働く場の機能性と快適性を高めることで、 よりよい教育の実現を支援します。 職員サポートスペース R_075-081.indd 75 11.12.7 1:04:04 PM
右ページから抽出された内容
先生は複数の居場所を持って業務を行っています。教室、学年ごとの教員スペース、専門 科目の教科室、職員室などさまざまです。それぞれの空間の使い方によって、職員室に求 められる空間要素は変化します。生徒が学校にいる時間における教員の休息時間確保の面 から考えると、教室から近い場所に学年ごとの教員スペースを設け、全教職員が集合する 場には、会議室を利用するといった運営方法も検討されています。また、生徒や来校者等 を応対するスペースも職員室の空間に影響を持つ重要な要素といえるでしょう。 先生の働く場としての職員室 職 員 室 校 長 室 ・ 応 接 室 会 議 室 職員室の自席 生徒たちが学校にいる時間 生徒たちの下校後の時間教室の自席 2つの自席1 執務や会議など 多岐に渡る業務 ワークスタイル2 生徒や保護者など 多彩な人の出入り 人の出入り3 2つの時間4 76 さ さ え る 場 初 等 中 等 教 育 施 設 R_075-081.indd 76 11.12.7 1:04:12 PM

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。