パブリックカタログVol3 79-80(80-81)

概要

  1. 初等・中等教育
  2. 職員室
  1. 79
  2. 80

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
職員室 生徒たちと先生が触れ合いやすい、カウンタータイプの職員室 生徒たちが先生の存在を身近に感じられるカウンタータイプの職員室。また、機密情報も多く扱う場なので、 机上面は整理された状態を保ち、ワゴンやキャビネットを利用した情報管理が大切になります。 職員室内に入らなくても先生とコンタクトが とれるカウンターを設置。下部は収納になっ ています。先生からは廊下の生徒たちの様子 が確認でき、生徒たちからも先生の居場所が 確認できるように配慮しています。 副校長先生や教頭先生の執 務席。急な来客時もデスク 上のプライバシーを確保す るため、パネルをデスクサ イドに設置しています。 先生の執務席は担当学年ごとにグ ループにして席を設けると、学年 での簡単なミーティングを自席で 行うことができます。また、テー ブルはキャスター付のため、レイ アウト変更も容易です。 学年を越えた打ち合わせ、また は長時間の話し合いで使用する テーブルは、人数に合わせてレ イアウト変更が可能。講師席と して活用することもできます。 長時間または複数の人で話を する時は、カウンターではな く職員室外にあるミーティン グテーブルを利用します。 日々の業務の中、子どもたち の目を気にせずホッとひと息 つける空間を用意しました。 先生同士のちょっとした情報 交換の場として機能します。 F B C D E A 職 員 サ ポ ー ト ス ペ ー ス   職 員 室 アプションフリー Bレクトライン A カロッツァF ワークツールC アルトカフェ D 63 型軽量棚E P.568 P.576 P.568総カタ 2011‒ 2012 P.374 ∼ P.380 総カタ 2011‒2012 P.168 ∼ P.172総カタ 2011‒2012 P.36 ∼ P.47 R_075-081.indd 79 11.12.7 1:04:30 PM
右ページから抽出された内容
セキュリティへの配慮や先生の休息スペースも確保した職員室 成績や進路に関する情報が多い中学校や高等学校では、職員室への入出を制限し、セキュリティを高めることが重要です。 生徒への対応空間とともに、先生の休息空間を確保することもよりよい教育を実現していくためにとても大切です。職員室 副校長先生や教 頭先生の執務席 は、職員室全体 を見渡せる位置 に設置します。 先生の打ち合わせコーナー としても利用できるリフ レッシュコーナーは、情報 共有の活性化を促します。 中学校や高等学校ではセキュリ ティを高めるため、職員室をク ローズタイプにし、生徒の入室を 禁止するケースが増えています。 ベンチテーブルを採用しているので、先 生の人数の増減にも対応が可能。前面の パネルを取り外すことで打ち合わせもス トレスなく自席で行うことができます。 C F D E A B 副校長先生や教頭先生との 簡単な打ち合わせは、この コーナーを利用します。 アプションフリーD プロユニットフリーウェイ A レクトラインB プロユニットC スリムラインE 壁面ボード F P.567 P.568 80 さ さ え る 場 初 等 中 等 教 育 施 設 総カタ 2011‒2012 P.517総カタ 2011‒2012 P.598 ∼ P.601 総カタ 2011‒2012 P.122 ∼ P.135 総カタ 2011‒2012 P.36 ∼ P.47 R_075-081.indd 80 11.12.7 1:04:40 PM

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。