パブリックカタログVol3 99-100(100-101)

概要

  1. 高等教育
  2. 高等教育
  1. 99
  2. 100

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
自 分 ら し さ を 築 く 高等教育 今日、日本では少子化による 18 歳人口の減少に歯止めが掛からず、かつ大学進学 率が 50%を超える「大学大衆化」時代を迎えています。また、「学士力」を身に 付けることを目標とした人材育成や地域との連携なども重要な課題となってきまし た。このような時代の要求に対して理想の大学施設はどうあるべきか、その構築に オカムラの総合力でお応えします。 R_099-102.indd 99 11.12.12 0:47:57 PM
右ページから抽出された内容
知識伝達を中心としたレクチャー型学習だけではなく、 課題を発見し、解決するプロセスを学ぶプロジェクト型 の学習まで、多角的に捉えた学習空間をご提案します。 •レクチャーラーニング •アクティブラーニング •カジュアルコモンズ 学びの場 知の創造の場となる研究室空間、大学の知の拠点として、 また学習拠点としての場づくりが注目される図書館をご 提案します。 •研究エリア •図書館・メディアセンター •ラーニングコモンズ 究める場 学生の在学中のキャンパスライフを安全に、快適に過ご すための空間。また、エンロールメント・マネジメント を効果的にサポートする空間環境をご提案します。 支える場 •スチューデントエリア •ファカルティエリア •社会への発信拠点 高 等 教 育 施 設 100 R_099-102.indd 100 11.12.27 4:30:11 PM

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。