パブリックカタログVol3 103-104(104-105)

概要

  1. 高等教育
  2. アクティブラーニング
  1. 103
  2. 104

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
協力しながら課題を解決する、アクティブラーニング 複雑化・複合化する多様な変化に富む社会の中で、 決まった手続きが存在しない応用的課題に 柔軟かつ確実に対処できる人材育成の重要性が増しています。 そのためには、学生が中心となり、 仲間や教員と相互にコミュニケーションを図りながら課題を解決していく学習プロセスが重要です。 このような学習を行うアクティブラーニングでは、可動デスクやチェア、 ICTを活用し、フレキシブルな学習を展開します。 アクティブラーニング R_103-106.indd Sec1:103 11.12.12 0:49:09 PM
右ページから抽出された内容
学 び の 場 高 等 教 育 施 設 104 インタラクティブ 学習空間 課題探求 学習空間 グループ 学習空間 知 識 創 造 知 識 伝 達 講 義 演 習 集中 学習空間 レ ク チ ャ ー ラ ー ニ ン グ ア ク テ ィブ ラ ー ニ ン グ 2 つ のス タ ディスタイル ICT機器を利用した講義や、学生同士が 教えあったりする対話中心の授業空間 実習作業を行いながら知識を 習得する授業空間 R_103-106.indd Sec1:104 11.12.12 0:49:15 PM

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。