パブリックカタログVol3 123-124(124-125)

概要

  1. 高等教育
  2. 研究エリア
  1. 123
  2. 124

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
成果を最大限にひきだすための研究空間 研究室内で行われる機能を「個人学習」中心か、「共同学習」中心か、 また、研究室の主な使用目的が「研究」中心か、「教育」中心かによって 空間に求められる要素は異なり、変化します。 限られた空間をより効率的・効果的に構成し、そこで研究する教員・研究生の 成果を最大限にひきだす空間づくりが大切です。 研究エリア R_121-129.indd 123 11.12.12 0:56:30 PM
右ページから抽出された内容
124 高 等 教 育 施 設 究 め る 場 教 員 研 究 室   共 同 研 究 室 プ ロ ジェクト 研 究 室   実 験 室 知 的 交 流 空 間 多 用 途 専 門 性 流 動 的 固 定 的 教 員 研 究 室 実 験 室 プ ロ ジ ェ ク ト 研 究 室 共 同 研 究 室 知 的 交 流 空 間 新し い 知 識 を 生 み 出 す 研 究 施 設 R_121-129.indd 124 11.12.12 0:56:35 PM

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。