パブリックカタログVol3 129-130(130-131)

概要

  1. 高等教育
  2. プロジェクト研究室
  1. 129
  2. 130

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
産学協同や共同研究のためのコラボレーション空間 大学内での学術追究だけに留まらず、企業との共同研究の場としても重要な拠点になっ ています。異なる分野の研究者や立場の違うメンバーたちと活発な研究活動を推進す る空間をご提案します。 プロジェクト研究室 大学の研究室は、今や教員や学生だけのスペースではなく、 企業や地域とのコラボレーションスペースとして、 さまざまな立場の人が利用する空間となっています。 可変できる設備を設置することで、 あるプロジェクトが終わった後でも 異なるプロジェクトに柔軟に対応することが可能となります。 プロジェクト研究 のための空間 研究の機密性を守る セキュリティ ICT 機器の活用 プロジェクトの 人数・期間への フレキシブルな 対応 研 究 エ リ ア R_121-129.indd 129 11.12.12 0:57:02 PM
右ページから抽出された内容
究 め る 場 高 等 教 育 施 設 総カタ 2011‒2012 P.36 ∼ P.47 130 究 め る 場 基本パーツと選択パーツを自 由に組み合わせて、研究内容 にふさわしい空間を構築する ことができます。 人数や目的に合わせて空間の 設えを変化させることで、質 の高い研究を生む環境を整え ます。 フレキシブルに ICT を活用で きる空間システムが、コミュ ニケーションを深め、新たな 価値につながる研究空間を実 現します。 A B コンテッサB P.568 アルトシェアHSA アプションフリー  総カタ 2011‒ 2012 P.358 ∼ P.363 R_130.indd 130 11.12.12 0:58:08 PM

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。