パブリックカタログVol3 151-152(152-153)

概要

  1. 高等教育
  2. コミュニケーションスペース(カフェテリア)
  1. 151
  2. 152

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
ランチタイムなどの食事の時間は、 授業での疲れを癒やすリフレッシュ空間であり、 学生同士のインフォーマルなコミュニケーションをはかるための大切な空間です。 一方では、サークルやゼミのミーティングなど、 食事以外の用途にも多目的に利用されることが多く、 学生生活には欠かせない空間です。 オカムラでは、キャンパスライフを支援する 快適なコミュニケーション空間をご提案しています。 お互いに刺激し合い高め合う、学生のためのコミュニケーションスペース 近年、学生のための“パブリック・コミュニケーションゾーン”としてのエリアは、学校運営の重 要性の高いテーマとして注目されています。 コミュニケーション スペース(カフェテリア) 集う・語らう楽しさ コミュニケーション スペースの機能 グループでの活用一同に交流 イ ベ ン トアクティビティ ア メ ニ テ ィ ス チ ュ ー デ ン ト エ リ ア R_147-158.indd 151 11.12.12 1:49:43 PM
右ページから抽出された内容
高 等 教 育 施 設 カフェテリアとしてはもちろん、 気の合う仲間やサークルの集まり など、多目的に利用できます。 講義の合間にリフレッシュし ながら、仲間と情報交換が行 えるコミュニケーションス ペースです。 持ち込みのパソコンで、無線 LAN を利用して校内のサー バーにアクセスできる電源供 給エリアです。 D C E B A モノスA P.373 ∼ P.374 P.362 ∼ P.363 アルトカフェD 9377 チェア C アルトシェアNCE AZ シリーズB P.376 P.369 総カタ 2011‒ 2012 P.364 ∼ P.373 支 え る 場 152 R_147-158.indd 152 11.12.27 4:47:04 PM

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。