2015-2016年版オカムラ総合カタログ 7-8(8-9)

概要

  1. 巻頭
  2. OKAMURA × QUALITY
  1. 7
  2. 8

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
OKAMURA×QUALITY 背の耐久試験。その他にも、座・肘・ キャスター・ガススプリングや操作レバー などの様々な部位に対して試験を行 なっています。 受注から製造・出荷までの情報を集中 管理することによって、多品種の製品 を効率よく生産しています。 引出しの開閉動作耐久試験。設計段 階から3Dソフトによる構造解析を行 い、試作品・量産品に対しても、徹底し た耐久試験を繰り返しています。 部 品 形 状を認 識できる視 覚 能力を もった、ロボットによる無人生産ライン。 最新の設備による自働化を進め、生 産性の向上と品質の安定化を図って います。 それは、強さへ のこだわり。 それは、無 意 味なムダの 排 除 。 STRONG OPS okamura production system 当社の製品を末永く、そして安心して使用していただくためにオカムラは強さにこだわり ます。JIS規格や業界規格を上回る厳しい社内規格で耐久試験と性能試験を繰り返し 行い、製品の品質と安全性を確認しています。 オカムラ独自の生産管理方式OPS(Okamura Production System)を導入すること で、なんら付加価値を生むことのない“無意味なムダ”を徹底的に排除。生産性の向上 と、品質の安定化を図り、モノづくりに強い企業体質を実践しています。 安全性と耐久性の追及 高い生産性と安定供給 な ぜ 、「 オカムラ 」な の か _ 。 07 ・
右ページから抽出された内容
塗装・溶接など仕上げの美しさを追求 するとともに、強度にもこだわりをもって 製造しています。例えば、身体を支え続 ける大事な役目をもつ、チェア内部の 背フレームには、高い溶接強度を確保 しています。 設計段階から湿気・温度などの諸条件 で品質をチェック。ホルムアルデビド放 散量測定も行い、第三者機関に検査 を委任します。 それは、高 度な金 属 加 工 技 術 の 継 承 。 それは、木 製 品も自社 製 造 する生 産 力 。 METALWORKING WOODWORK オカムラの金属加工の歴史は長く、古くは1950年代、飛行機・自動車製造における 薄板加工技術まで遡ります。そして現在も社内教育や「国家技能検定」の取得推進 によって専門の技術者を育成。積み重ねてきた技術は今も製品に息づいています。 年々ニーズが高まりつつある、素材に木材を使用したオフィスファニチュア。オカムラは 木工専用の高畠事業所において海外の先進機器を導入し、近代設備を誇る工場でプ ロダクトを生産。品質にバラツキのある自然素材を、高度なレベルで均一化しています。 加工技術の継承 近代設備を誇る木製品専門工場 08 THE SPIRIT of JAPAN ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。