オカムラ オフィスセキュリティカタログ Vol.10 17-18(18-19)

概要

  1. 17
  2. 18

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
■入退室制御機能 スケジュール管理機能 部屋への入室時間をユーザー 毎に曜日単位で設定することが 可能です。 無効登録機能 カードを紛失した際、不正利用さ れないよう、紛失したカードを利 用不可にすることが可能です。 サイレントアラーム機能 万が一、不審者にドアの解錠を強要され た際、暗証番号4桁+あらかじめ登録し た番号1桁を入力して認証することで、 ドアの解錠に加え、外部へ警報発報を行 ないますので、不審者に気づかれること なく、異常を伝えることが可能です。 警備連動機能 権限を有する人がリーダに付い ている警備ボタンを押し、認証す ることで、部屋に設置されている 機械警備設備と連動することが 可能です。 照明・空調連動 部屋の在室が0人になると、外部 に接点を出力し、照明・空調設備 の電源をOFFにすることが可能 です。また、再度入室があった際 には、照明・空調の電源をONに します。 入退室の不正抑止から簡易な情報登録まで、幅広い機能により運用管理負担の低減を実現します。 受付・勝手口など 一部のゲートだけ 管理したい ローコストに 入退室を導入したい 将来、制御する扉が 増えるかも・・・ オフィスのエントランスをしっかり見張る、 小中規模拠点向け入退室管理システムです。 機能を絞り、価格を抑え、拡張性も兼ね備え、導入のしやすさを徹底的に追求。 お客様の安全をオフィスのエントランスでしっかりと守ります。 各種システムと データベースを 統合したい アウト イン 17 [入退室管理システム] 入退室管理システム[エスキュアゲートシステムⅡ]   ・
右ページから抽出された内容
入退室管理システム[エスキュアゲートシステムⅡ タイプX]   コントローラ FC1D1W-Y485 300W×80D×250H 拡張ボックス FC1D1K-Y485 300W×80D×250H サーバユニット FC1D1Y-Y485 300W×80D×250H ※その他、サイバーストリームⅡ typeX に準じます。 ■ゲートコントローラ ■仕様               コントローラ導入後でも後付で システム構築が可能。 PC コントローラ コントローラコントローラ 拡張ボックス(オプション) AC100V電源(アース付) AC100V電源 (アース付) HUB 基本構成 A拠点 サーバユニット WAN 回線 拠点 ■基本システム構成(           ) ■サーバーユニットで拡張(            ) ※サイバーストリームⅡ typeX と連携ができます。2∼4ゲートまで状況に合わせた拡張性で、将来的な設計にも対応できます。 ※typeX=統合管理システム ■リーダラインナップ ●非接触カードリーダ ●指静脈認証リーダ●磁気カードリーダ ●手のひら静脈認証リーダ ●非接触カードリーダ ●非接触カードリーダ ●間仕切り一体型リーダ ●テンキーリーダ ●スタンド型リーダ ●防滴BOX※リーダー本体は別です 【対応コンピュータ】 ・PC本体:Windows対応パソコン(デスクトップ/ノート) ・OS:Windows Vista/7 Internet Explorer 6.0、7.0、8.0、9.0、10.0 ・Ethernet:10BASE-T/100BASE-TX *Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。 *FeliCa(フェリカ)はソニー株式会社の登録商標です。 *Mifare(マイフェア)はNXPセミコンダクターズの登録商標です。 管理拠点数 基本システム:1拠点 サーバーユニット利用時:256拠点 対応カード FeliCa ISO15693 Mifare(typeA) 1拠点最大管理ゲート数 基本システム:1ゲート(拡張ボックス利用で最大4ゲートまで) サーバーユニット利用時:最大128ゲート 客先手配カード(非接触) 登録 別途ソフトが必要 個人登録人数 5,000人 ゲート制御機能 入退室方向制御機能 常時解錠時間帯設定 グループ設定 基本システム:128グループ サーバーユニット利用時:2,048グループ 二人立会制御機能 男女別ゲート利用制限 スケジュール管理機能 遠隔解錠 履歴保存件数 基本システム:60,000件 サーバーユニット利用時:20,000,000件 無効登録設定機能 サイレントアラーム機能 解錠保持時間設定機能(1∼255秒) 照明・空調連動 管理方法 Webブラウザ 開扉警報時間設定機能(1∼999秒) 機械警備連動 管理ソフト 不要 (注1) 不正開扉警報発報機能(※ゲートに対して入退室を管理する場合) 認証方式 非接触カード テンキー 電気錠・自動ドア制御機能(各種電気錠と自動ドアの制御) 非接触+テンキー 指静脈認証 Excel(CSV)による 一括登録 氏名、フリガナ、カード番号、世代コード、暗証番号無効設定、 組織名、グループ、スケジュール磁気カード 手のひら静脈認証 注1:生体認証、客先手配カード登録の場合は必要です。 ※仕様は改良のため、予告なく変更することがありますのでご了承ください。 18 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。