Office Security(オカムラ オフィス セキュリティ カタログ) Vol.11 15-16(16-17)

概要

  1. エスキュアゲートシステムⅡ typeX
  1. 15
  2. 16

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
■入退室制御機能スケジュール管理機能部屋への入室時間をユーザー毎に曜日単位で設定することが可能です。無効登録機能カードを紛失した際、不正利用されないよう、紛失したカードを利用不可にすることが可能です。サイレントアラーム機能万が一、不審者にドアの解錠を強要された際、暗証番号4桁+あらかじめ登録した番号1桁を入力して認証することで、ドアの解錠に加え、外部へ警報発報を行ないますので、不審者に気づかれることなく、異常を伝えることが可能です。警備連動機能権限を有する人がリーダに付いている警備ボタンを押し、認証することで、部屋に設置されている機械警備設備と連動することが可能です。照明・空調連動部屋の在室が0人になると、外部に接点を出力し、照明・空調設備の電源をOFFにすることが可能です。また、再度入室があった際には、照明・空調の電源をONにします。入退室の不正抑止から簡易な情報登録まで、幅広い機能により運用管理負担の低減を実現します。受付・勝手口など一部のゲートだけ管理したいローコストに入退室を導入したい将来、制御する扉が増えるかも・・・オフィスのエントランスをしっかり見張る、小中規模拠点向け入退室管理システムです。機能を絞り、価格を抑え、拡張性も兼ね備え、導入のしやすさを徹底的に追求。お客様の安全をオフィスのエントランスでしっかりと守ります。各種システムとデータベースを統合したいアウトイン15[入退室管理システム]入退室管理システム[エスキュアゲートシステムⅡ] 
右ページから抽出された内容
入退室管理システム[エスキュアゲートシステムⅡタイプX] コントローラ FC1D1W-Y485300W×80D×250H拡張ボックス FC1D1K-Y485300W×80D×250Hサーバユニット FC1D2Y-Y485300W×80D×250H※その他、サイバーストリームⅡtypeXに準じます。■ゲートコントローラ■仕様             コントローラ導入後でも後付でシステム構築が可能。PCコントローラコントローラコントローラ拡張ボックス(オプション)AC100V電源(アース付)AC100V電源(アース付)HUB基本構成A拠点サーバユニットWAN回線拠点■基本システム構成(         )■サーバーユニットで拡張(         )※サイバーストリームⅡtypeXと連携ができます。2∼4ゲートまで状況に合わせた拡張性で、将来的な設計にも対応できます。※typeX=統合管理システム■リーダラインナップ●非接触カードリーダ●指静脈認証リーダ●磁気カードリーダ●手のひら静脈認証リーダ●非接触カードリーダ●テンキーリーダ●防滴BOX※リーダー本体は別です【対応コンピュータ】・PC本体:Windows対応パソコン・OS:WindowsVista/7/8/8.1 InternetExplorer6/7/8/9/10/11・プラットフォーム:.NETFramework*Windows、InternetExplorer、.NETFrameworkは米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における登録商標です。*FeliCa(フェリカ)はソニー株式会社の登録商標です。 *Mifare(マイフェア)はNXPセミコンダクターズの登録商標です。管理拠点数基本システム:1拠点サーバーユニット利用時:256拠点対応カードFeliCaISO15693Mifare(typeA)1拠点最大管理ゲート数基本システム:1ゲート(拡張ボックス利用で最大4ゲートまで)サーバーユニット利用時:最大128ゲート客先手配カード(非接触)登録別途ソフトが必要個人登録人数5,000人ゲート制御機能入退室方向制御機能常時解錠時間帯設定グループ設定基本システム:128グループサーバーユニット利用時:2,048グループ二人立会制御機能男女別ゲート利用制限スケジュール管理機能遠隔解錠履歴保存件数基本システム:60,000件サーバーユニット利用時:20,000,000件無効登録設定機能サイレントアラーム機能解錠保持時間設定機能(1∼255秒)照明・空調連動管理方法Webブラウザ開扉警報時間設定機能(1∼999秒)機械警備連動管理ソフト不要 (注1)不正開扉警報発報機能(※ゲートに対して入退室を管理する場合)認証方式非接触カードテンキー電気錠・自動ドア制御機能(各種電気錠と自動ドアの制御)非接触+テンキー指静脈認証Excel(CSV)による一括登録氏名、フリガナ、カード番号、世代コード、暗証番号無効設定、組織名、グループ、スケジュール磁気カード手のひら静脈認証注1:生体認証、客先手配カード登録の場合は必要です。 ※仕様は改良のため、予告なく変更することがありますのでご了承ください。専門のカタログがあります。詳しくはこちらをご覧ください。16

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。