オカムラ カルチャー[文化・複合施設]総合カタログ Vol.7 193-194(194-195)

概要

  1. 美術館・博物館
  2. 展示スペース
  1. 193
  2. 194

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
正面ガラス扉(フラットスライドドア) 側面扉 可動ガラス扉と FIX ガラスの重なりがなく、ガラス同士がフラットに納まり、 展示物が見やすいのが大きな特長です。開口部の位置を選ばず、ケース前面に 設置することで展示物の出し入れがしやすく、側面扉に比べて展示スペースが 広く確保できます。また、ガラス扉、FIX ガラスともに吊り下げ構造のため、 ガラスの自重による垂直方向の平滑も実現。 さらに、ガラス扉(吊り下げ構造のため)については、 開閉操作も軽くスムーズです。 展示ケースの側面や前面に設置される開口部。四方にスチール製の扉枠があり、 グレモン錠とエアタイトパッキンで締め込み、高い気密性が保たれるのが特長で、 従来からの標準的な開口部です。 比較的大きな展示空間を構成する壁面展示ケースは、効果的な展示だけでなく静かに鑑賞できる雰囲気づくりなど、 演出効果においても非常に重要な役割を担っています。そのため、機能性だけでなくデザイン性をも重視したものが望まれます。 様々な展示物に合わせて、より見やすく、使いやすく、さらには最適な保存環境もお約束するオカムラの壁面展示ケースは、 建装や内装に合わせてデザインやレイアウトも自由自在。ミュージアムのニーズに的確に応えるとともに常設展示にも最適です。 知的探究心を育むオカムラのミュージアム空間① 壁面展示ケースの開口部には、主に 2 つのタイプがあります。 壁面展示ケース 受注生産受注生産 施工 インセクターボード低ホルム材★★ ★★ 193 展 示 ス ペ ー ス 美術館 博物館 納入事例 コンセプト 展 示 スペース 収 蔵 スペース エントランス スペース ・
右ページから抽出された内容
印は受注生産品です。多少納期がかかります。受注生産 P O I N T スタンダード ガラス面と本体パネルに段差ができま す。 エスポーレ(フラットスライドドア) ガラス面と本体パネル をフラットに仕上げる 意匠性に優れた壁面展 示ケース。 エスポーレは、上部点検パネ ルとガラス面、巾木に段差の ないフラットな仕上がりを実 現できます。また、展示物の 入れ替えも容易な、開口率 60%を確保。機構部の奥行 を150mmに抑えたスリム な構造が特長です。 ピクチャーレール スライドレール 照明 熱切りガラス 高透過ガラス+ 飛散防止フィルム内面貼 フラットガラスシステム リアホールドタイプ 巾木 AT鋼板+合板 (F★★★★)+クロス貼り 調湿材トレイ 調湿材トレイカバー ウォールウォッシャー 鍵:ABLOY社製 照明メンテパネル アクリル樹脂焼付塗装 背面補強 4000 2087553000 100 150 2700 150 1200 100 10 48 712 430 3350 3500 リアホールド寸法リアホールド寸法 電動持ち出し機構 スライド扉 60%開口 150 150 AT鋼板+合板 (F★★★★)+クロス貼り AT鋼板+合板 (F★★★★)+クロス貼り 優れた視認性 扉の開閉機構部分を奥行150mm にスリム化することで、優れた視認 性を確保します。 高い意匠性 展示ケース全体のシームレス化により、高い意匠性を実現 しています。ガラス上部・下部の接着面も100mm幅で仕 上げ、シャープなイメージの展示空間をご提供します。 作業性の向上 壁面展示ケースの開口率は60%を 確保。展示物の入れ替えもスムーズ に行えるゆとりの扉開口を確保して います。 開口率 60% エスポーレ ガラス面と本体パネルがフラットに仕上 がるため、すっきりとした展示環境を提 供できます。 受注生産受注生産 施工 ▶ 194 壁面展示ケース・エスポーレ ■ 美術館 博物館 納入事例 コンセプト 展 示 スペース 収 蔵 スペース エントランス スペース ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。