オカムラ ヘルスケア[医療・福祉施設]総合カタログ Vol.7 465-466(466-467)

概要

  1. [医療]中央診療部門
  2. 検査室
  1. 465
  2. 466

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
465多様化・複雑化する検査項目確実かつ能率的な検査対応を支えます。医療技術の発達により、ますます多様化・複雑化する検査項目に対応する検査室。検査結果によって、患者さんのその後の治療方針に大きな影響を与えるため、進化する多岐の検査項目に確実に対応することはもちろん、その能率も求められます。見えないところで患者さんを支える検査室。オカムラは、そんな環境づくりをサポートします。POINT業務効率、作業効率に配慮したゾーニングと動線計画によりスタッフ皆さんの働きやすさを追求します。間を効に活用したゾーニング計画スタッフ、患さんにとって利用しやすい動綫計画セキュリティ對策を考慮した設備計画作業効率を高めるレイアウトと什器定検査室読影室機能回復訓練室検査室中央診療部門
右ページから抽出された内容
466一般検査エリア尿・便などを取り扱う一般検査エリアでは、検体搬入のルートが他の検体と出来る限り交差することなく確保されているか、隣接している採尿室との受け取り方法など患者さんにとって分かりやすいレイアウトであるか、の配慮が必要となります。また、臭気などの対策として通気、換気等の空調設備も十分検討することが求められます。一般検査エリア生化学検査エリア血液検査エリア採血ルーム採血ルーム採血ルームのエリアは、患者さんが直接いらっしゃるエリアとなります。そのため、利用される方々にとって、分かりやすいサイン計画やプライバシーに配慮したレイアウトなど心地よい空間であることが求められます。また、採血を行うスタッフの作業スペースへの配慮と、検体を検査室に搬送するための効率の良いルートの確保などが求められます。生化学検査エリア生化学検査エリアでは、他の検査と比べて検査機器が大型であることが想定されます。そのため、機器の配置を事前にシミュレーションしながら、作業スペースと動線を十分に考慮したゾーニング計画が求められます。血液検査エリア血液検査エリアは他の検査エリアと比較して、顕微鏡や試験管、スライドガラスなどを検査台上に置いて、さまざまな検査が行われます。そのため、整理・整頓がしやすいよう、作業スペースが十分確保され、スタッフにとって作業しやすいエリアであることが求められます。読影室機能回復訓練室検査室中央診療部門

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。