オカムラ ヘルスケア[医療・福祉施設]総合カタログ Vol.7 45-46(46-47)

概要

  1. オカムラの取り組み
  2. 製品開発
  1. 45
  2. 46

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
デザインポリシーお客様にとって真に価値ある製品を追求●製品のあるべき姿を追求している●求められているニーズに的確に応えている●新しい価値を創造している上質なデザインで社会に貢献製品のライフサイクル全体の環境負荷を低減エコデザイン誰もが快適に使用できる製品や空間の創造ユニバーサルデザインクオリティデザイン「よい品は結局おトクです」のモットーのもと、上質な製品の提供を通じて社会に貢献します。オカムラグループは、「上質なデザインで社会に貢献」するというデザインポリシーのもと、魅力あるワークプレイスを創造していきます。その実現のために、「クオリティデザイン」、「ユニバーサルデザイン」、「エコデザイン」の3つの観点から製品開発に取り組んでいます。製品が地球環境に与える負荷を低減し、次世代によりよい環境を引き継ぐとともに、誰もが快適に使用できる製品や空間の創造をすすめていきます。製品開発45
右ページから抽出された内容
カスタマイズオプション危険を防止する必要な情報を簡単に得られる使い方がすぐに理解できる肉体的、精神的負担を軽減する無理なく使用できる機能的で誰もが同等に使用できる基本性能できるだけ多くの人に対応自由公平利用情報安全快適理解環境に合わせた使い方ができる■クオリティデザイン/ユニバーサルデザインエルゴノミクス(人間工学)に基づいた設計をはじめ、創造性を触発するデザインや、多くの方々が快適にご利用いただける機能を追求します。これにより、お客様の創造性や快適性、安全性の向上に貢献できる、真に価値ある製品を提供します。●現地での観察・調査オカムラでは、病院の了解をいただいた上で、デザイナーが病院内での患者さんの様子を観察・調査し、製品開発に役立てています。●クオリティデザインの追求オカムラグループは、さまざまな環境の理想的なあり方を追求しています。集中力を持続できる快適な環境、感性を刺激し知識創造に貢献する環境などを実現するために、人間工学や認知工学、新技術や新素材の調査研究を重ねています。また、大学との共同研究や他企業との共同開発の成果を、次世代を見据えた新しいデザインに積極的に活かし、独創的な製品づくりにつなげています。●ユニバーサルデザインの考え方オカムラでは、その製品と空間を使用すると考えられる多くの人を想定して開発を行います。基本性能をアップし、できるだけ多くの人が快適に使用できるようにし、さらにオプションやカスタマイズにより、すべての人が快適に使用できる環境の提供をめざしています。●ユニバーサルデザインの普及に向けた取り組み一般財団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)に参画国際ユニヴァーサルデザイン協議会は、ユニヴァーサルデザインのさらなる普及と実現を通して、社会の健全な発展と暮しづくりをめざす活動体で、オカムラは2003年11月の設立時より参画し、開催される国際会議に協賛しています。癒しのトイレ研究会に参画病院と福祉施設のトイレ環境改善を目指して2000年に創立された癒しのトイレ研究会に、オカムラは創立当初から参画。患者さん・介助や車いすを必要とする利用者などが安全で快適に利用できる空間づくりのため、バリアフリーやユニバーサルデザインの研究を続けています。オカムラは国際ユニヴァーサルデザイン協議会の正会員です。荷物親子寝る車椅子書く荷物リラックスステッキを持つ患者社会に貢献するモノづくり46

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。