オカムラ ヘルスケア[医療・福祉施設]総合カタログ Vol.7 47-48(48-49)

概要

  1. オカムラの取り組み
  2. 製品開発
  1. 47
  2. 48

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
環境にやさしい素材を使う、 環境に負荷のかからない方法で生産する、 環境に配慮しながら商品を輸送する、 できる限り廃棄物を出さない、 こういった、お客様の目に見えない努力が エコの種です。 使うときに多くのエネルギーを使わない、 むだなスペースの少ない空間づくり、 有害な化学物質を排除した家具、 高い転用性と耐久性で長く使える家具、 こういった、お客様にとっての メリットがたくさん詰まった商品・ サービスが、エコの実です。 エコの種 エコの実 種 オカムラ エコ物語 ∼果実をつける大きな木になるずっと前、それは小さな種でした。∼ ■エコデザイン 製品ライフサイクルの環境負荷を最小にし、持続可能な社会づくりに貢献します。 ● 進化する「グリーンウェーブ」 オカムラグループは、1997年から独自の環境基準に適合した製品に、自社環境ラベル「グリーンウェ ーブ」マークを表示し積極的に販売しています。環境に配慮した製品開発を推進した結果、2010年3 月現在で約40万製品が、グリーンウェーブ製品となっています。製品の環境配慮のポイントは製品カタ ログ・パンフレット、ホームページなどで公開しているほか、GPNの「エコ商品ねっと」でも情報を提供し ています。 また、2007年度には、「グリーンウェーブ」に加えて、より高度な認定基準である「スーパーグリーンウ ェーブ」を策定し、FSC認証(適切に管理された森林で伐採された木材であることの認証)の木材を使 用したロビーチェア「エコペクト」などを順次認定しました。さらに2009年度にこの基準を見直した「グ リーンウェーブ+(プラス)」を策定、より環境負荷の少ない製品の拡大に努めています。 ● 世界中で認められる環境配慮型製品の企画 現在オフィス家具は、RoHS指令の適用範囲外ではあるものの、積極的な環境対応が必要であるとい う認識のもと、RoHS指令で使用が禁止・制限されている6物質の管理基準を独自に設定し、順次対象 製品を拡大しています。 また2003年10月に日本のオフィス家具メーカーとして初めて「コンテッサ」において「グリーンガー ド認定* 」を取得しました。その後、エルゴノミックメッシュチェア「バロン」、ミーティングチェア「グラー タ」、オフィスシーティング「ヴィスコンテ」、ニューコンセプトシーティング「レオパード」に認定を拡大し ています。 *グリーンガード(GREENGUARD)認定とは、人々の健康と生活環境をよりよくするため、オフィス家具・床材・天井材・ 接着剤・塗料・壁材・カーペットなどの室内建材を対象とした米国の環境基準です。この基準は、合衆国環境保護庁 (USEPA)、ワシントン州、ドイツのブルー・エンジェルの勧告などに基づいて作成されており、米国材料試験協会 (ASTM)の規格に基づいた厳しい試験をクリアした製品だけに与えられます。 エコの種を育てて、お客様にエコの実を 製品開発 Column 2010年2月、オカムラグループ環境方針を「オカムラの実践【エコの種】」と「オカムラの提案【エコの実】」を中心としたものに大幅 に改定しました。この改定は、オカムラグループが一丸となって環境活動を実践して【エコの種】を育て、そこから得られた知見、すな わち【エコの実】をお客様へ循環させることで持続可能な社会づくりに貢献する、という事業の展開のあり方を定めています。 主な活動項目 地球温暖化防止、省資源、廃 棄物削減、社会貢献とコミュ ニケーション 主な活動項目 環境配慮製品、空間プラン ニング、製品情報開示、製品 リスク対策 47 ・
右ページから抽出された内容
「グッドデザイン賞」は、公益財団法人 日本デザイン振興会が1957年に創設した 日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。デザインを通じて産業や生活 文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。 ■社会からの評価 オカムラはモノづくりにこだわり、お客様にご満足いただける製品を世の中に送り出してきました。美しさとともに機能性 や安全性、耐久性、信頼性などの向上をめざし製品のあるべき姿を追求する、このような開発に対する姿勢は国内外で 高く評価され、これまでに数々の表彰を受けています。 ● グッドデザイン賞 「グッドデザイン賞」は、公益財団法人 日本デザイン振興会が主催す るわが国唯一の総合的デザイン評価・推奨制度です。「人間を中心に すえ、高い倫理性を踏まえ、ものごとの本質を見据え、魅力的な創造 活動をおこなう」デザインが高く評価されます。オカムラは1962年 に初受賞してから継続して受賞し、今までの受賞総数は517点を数 え、業界トップの受賞数を誇っています。 ● ジャーマンデザイン賞 「ジャーマンデザイン賞」は、ドイツ デザイン協議会によって運営さ れており、2012年に設立された制度です。この賞の特徴は、既に優 れたデザインとして一定の評価を受けている作品の中からドイツ デ ザイン協議会が参加作品を推薦する点です。推薦を受けて初めて 応募でき、推薦されること自体が名誉とされています。賞の構成は 各カテゴリの最優秀賞である「Gold」、各カテゴリの上位15点の優 秀な作品に贈られる「Winner」、優秀な作品に贈られる「Special Mention」となっています。点滴スタンド(ディーボ)は「Winner」を 受賞いたしました。 ● IAUDアウォード IAUDアウォード事業は、一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン 協議会(IAUD)が毎年実施する、民族、文化、慣習、国籍、性別、年齢、 能力等の違いにかかわらず、"一人でも多くの人が快適で暮らしやすい "UD社会の実現に向けて、特に顕著な活動の実践や提案を行なって いる団体・個人を表彰するものです。患者チェア「LT92」、ヘルス ケアロビーチェア「supporto(スポルト)」はIAUDアウォードを受賞 しました。 ● レッドドット賞 「レッドドット賞」は、ドイツの著名なデザイン機関「ノルトライン・ヴェスト ファーレン・デザインセンター」が主催し、1955年より毎年1回開催さ れており、世界でも最大級かつ最も権威あるデザイン賞の一つと言われ ています。「Karre」シリーズは、看護現場からの声を反映して使いやすさ を追求、機能性とデザインを両立すべく開発されたナースカートです。斬 新さ、機能性、品質、人間工学、耐久性、感情へのアピールなど、様々な基 準から審査されるプロダクトデザイン部門での受賞となりました。 ● ユニバーサルデザイン賞 「ユニバーサルデザイン賞」は、ドイツのユニバーサルデザイン協会 とユニバーサルデザイン有限責任会社が主催する国際的なデザイ ン賞です。可能な限り多くの人々が公平に使用できること、柔軟に 使用できること、容易で直感的に使用できること、誤使用への許容 範囲があり安全であること、異文化圏でも同じように使えること、に 加えて市場性、革新性、持続可能性、など様々な評価基準により審査 されます。「Karre」は、デザイナーや建築家などの専門家審査による 「universal design award 2012」を受賞いたしました。 ● キッズデザイン賞 「キッズデザイン賞」は、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会が 主催する、「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」等のキッズ デザインの理念を実現し、普及するための顕彰制度です。2014年 スマートナースカート・カレ アニマル柄仕様と点滴スタンド・ディーボ の2製品が受賞しました。この2製品はいずれも「子ども視点の安全・ 安心デザイン一般部門」での受賞となります。 2012年「スマートナースカート・カレ」 2013年「スマートナースカート・カレ デュオ」 2013年「点滴スタンド・ディーボ」 2014年「コンフォタブルチェアベッド・イプシア」 2014年「メディカルコンソールユニット・マルチヴァント」 2014年「患者チェア LT92」 2015年「ヘルスケアロビーチェア・スポルト」 2015年「スタッフステーション・ナースポート」 2016年「点滴スタンド・ディーボ」 2014年「点滴スタンド・ディーボ」 2014年「スマートナースカート・カレ」 2015年「患者チェア・LT92」 2015年「ヘルスケアロビーチェア・スポルト」 2014年「スマートナースカート・カレ」 [パーソナルテーブル・ライズフィットⅡ] 2012年universal design award 2012年universal design consumer favorite [スマートナースカート・カレ] 2012年universal design award [点滴スタンド・ディーボ] 2014年universal design award 2014年universal design consumer favorite 2014年「スマートナースカート・カレ アニマル柄仕様」 2014年「点滴スタンド・ディーボ」 社会に貢献するモノづくり 48 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。