オカムラ ヘルスケア[医療・福祉施設]総合カタログ Vol.7 63-64(64-65)

概要

  1. 納入事例
  2. 医療法人社団湖聖会 銀座医院
  1. 63
  2. 64

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
外来の待合は可動肘でフレキシブルな使い方ができるロビーチェアを採用。通常は肘を使用して定員着座を誘導し、緊急時は肘を上げて横になれる。さらなる医療の質とサービス向上を目指して、高層タワー内へ移転。 1972年に救急病院として発足以来、長年にわたって銀座7丁目で診察・健康管理センターとしての役割を果たしてきた銀座医院は、医療の質とサービスをさらに向上させるため、2014年6月、銀座4丁目の歌舞伎座タワーの16階へ移転。これまで培ってきた「オフィス街のホームドクター」としての存在価値をさらに高めています。 交通の便がいい都心の一等地にある高層ビルにリニューアルオープンした新医院は、白を基調とした洗練された印象のロビーをはじめ、銀座らしい洗練されたインテリアが印象的。健康診断・人間ドック・外来診療がワンフロアで受けられるので、3つの領域の連携を最大限に活かしたワンストップ診療が可能になりました。また、加齢・老化に伴う悩みを解決して健やかな明日を創る独自のプレミアムケアなど、新たな医療システムにも取り組んでいます。医療法人社団湖聖会銀座医院所在地 東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー16階オープン 2014年6月建物 地上29階、地下4階診療科目3科目設計 株式会社リチェルカーレ施工 清水建設株式会社健康管理センターの待合には一人ひとりがゆったり座れるように一人用のソファーを配置。白で統一することで先進的な印象の空間を演出。63
右ページから抽出された内容
患者さん同士の目線が合わないように放射状に組み合わせた椅子は空間のアクセントにも。健康管理センターの受付待合は、着座人数を確保しつつ、シックな印象の内装に合わせた家具を採用。モニターが取り付けられるテーブルを配置し、インフォームドコンセントも行える応接室。診察室には医師と患者さんが同じ画面を見ながら対話がしやすいラウンド形状の診察デスクを採用。納入事例64

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。