オカムラ ラボラトリー[研究施設]総合カタログ Vol.6 197-198(198-199)

概要

  1. 実験室
  2. 実験台
  3. SC
  1. 197
  2. 198

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
197 ヒュームフード 概 要 レジェール ベ ル デ 卓上フード 局 所 排 気 シ ス テ ム 屋 上 設 置 スクラバー 排気ファン ダ ン パ 実験台概要 ボ ラ ン チ リフォルマ フリーウェイ ウェットラボ SF-Ⅱ SC プラティコ 天 秤 台 測 定 台 除 振 台 圧力調整器 フリーウェイ ドライラボ リ ベ ル テ 流 し 台 作 業 台 ワ ー ク デ ス ク 収 納 チ ェ ア ス ツ ー ル シ ェ ル フ そ の 他 ク リ ー ン ル ー ム バ イ オ ハ ザ ー ド ケ ミ カ ル ハ ザ ー ド 動 物 飼 育 恒温恒湿室 実 験 室 転載不可 収 納 効 率 豊富な収納力を誇るSCシリーズは、実験室内のスペース効率を向上させます。 ステンレス流し台は、シンクの下部に収納スペー スを確保しています。実験室に必要な掃除用具 などをスマートに収納できます。 流し台下にも収納スペースを確保。 両開き庫とデスクタイプには、20mm ピッチで棚の位置が変更できる棚板を 設置。収納する物に合わせてフレキシ ブルに利用できます。 天板下には収納棚を設置。 実験台の上部にガラス棚やオープン棚などが付いた、試薬の収納に便利なバリエ ーションをご用意。それぞれのタイプには蛍光灯の有無もセレクトできます。 多彩な試薬を取り出しやすく収納。 袖引出しはダブルサスペンションレールの採用により、手前まで大きく引き出せます。従 来の木製引出しと比較しても30%以上収納効率が高まります。(当社比) 手前まで大きく引き出せるダブルサスペンションレールを採用。 従来の木製引出し ダブルサスペンションレール 500mm 383mm Labo SCseries 中央実験台 壁面 実験台 オープン卓上試薬棚 棚なし ガラス戸試薬棚 ステンレス 流し台付 ケコミ両開き扉 タイプ オープン卓上試薬棚 棚なし ガラス戸試薬棚 デスクタイプ オープン卓上試薬棚 棚なし 棚なし 棚なし 棚なし ガラス戸試薬棚 ケコミ両開き扉 タイプ オープン卓上試薬棚 ガラス戸試薬棚 デスクタイプ オープン卓上試薬棚 ガラス戸試薬棚 ケコミ両開き扉 タイプ オープン卓上試薬棚 ガラス戸試薬棚 デスクタイプ SC シリーズ 基本ユニット体系図 収納効率を高めたキャビネットタイプの実験台。 スチール製の本体構造が安心の実験環境を実現します。 受注生産 施工 低ホルム材★★ ★★ スチールキャビネット実験台[SC]シリーズ ・
右ページから抽出された内容
198 レジェール ベ ル デ 卓上フード 局 所 排 気 シ ス テ ム 屋 上 設 置 スクラバー 排気ファン ダ ン パ 実験台概要 ボ ラ ン チ リフォルマ フリーウェイ ウェットラボ SF-Ⅱ SC プラティコ 天 秤 台 測 定 台 除 振 台 圧力調整器 フリーウェイ ドライラボ リ ベ ル テ 流 し 台 作 業 台 ワ ー ク デ ス ク 収 納 チ ェ ア ス ツ ー ル シ ェ ル フ そ の 他 ク リ ー ン ル ー ム バ イ オ ハ ザ ー ド ケ ミ カ ル ハ ザ ー ド 動 物 飼 育 恒温恒湿室 ヒュームフード 概 要 実 験 室 独自に開発した粉体焼付塗装は、有機溶剤を一切使用していないので、地球環境にもやさしい製品を 実現しています。 ●有機溶剤を使用しない粉体塗装。 本体の構造は、剛性と堅牢性にすぐれたスチールを採用。将来に渡って末長くご利用いただけ、リサイ クル性にもすぐれています。 ●長く安心して使えるスチール製。 天板の縁材、ガラス戸棚の把手には、環境負荷の少ないオレフィン系素材(ポリプロピレン)を採用。焼 却時にダイオキシンの発生量が少ない樹脂材料を使用しています。 ●環境負荷の少ない樹脂材料を採用。 実験環境の安全性を高める、 多彩な耐震性能を装備しています。 袖引出しと両開き扉には、万一の地震時にも 収納物が飛び出してこない耐震ラッチを標準 装備しています。把手内のラッチに手を掛け ないと引出しや扉が開かない安心の構造で す。 収納物の飛び出しを 防止する耐震ラッチを 標準装備。 脚部には、実験台本体を床面にしっかりと固定 するアジャスターを採用。床の凹凸や不陸に 合わせた微妙な調整が可能です。 床面にしっかり固定できる アジャスターを採用。 様々な視点から環境に配慮した製品設計を。 不 燃 性 不燃性と堅牢性を高めた製品設計。 スチールの素材を活かした構造です。 多種多様な試薬を使用する実験環境では、万一に備えて火災への対策を施すこと も重要です。本体にスチールを採用することで、高い不燃性能を持ち、剛性にも すぐれています。また、虫が付かず菌の繁殖を抑え、日頃のお手入れも容易です。 キャビネット、パネル、試薬棚、流し台などの主要部材には、実験台専用に開発した 粉体焼付塗装を採用。薬品に対しすぐれた耐久性を誇る安心の塗装で仕上げ ています。 不燃・堅牢が特長のスチール設計。 耐薬性にすぐれた粉体塗装仕上げ。 耐 震 性 環 境 配 慮 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。