オカムラ ラボラトリー[研究施設]総合カタログ Vol.6 329-330(330-331)

概要

  1. 実験室
  2. 環境制御
  3. バイオハザード
  1. 329
  2. 330

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
329 ヒュームフード 概 要 レジェール ベ ル デ 卓上フード 局 所 排 気 シ ス テ ム 屋 上 設 置 スクラバー 排気ファン ダ ン パ 実験台概要 ボ ラ ン チ リフォルマ フリーウェイ ウェットラボ SF-Ⅱ SC プラティコ 天 秤 台 測 定 台 除 振 台 圧力調整器 フリーウェイ ドライラボ リ ベ ル テ 流 し 台 作 業 台 ワ ー ク デ ス ク 収 納 チ ェ ア ス ツ ー ル シ ェ ル フ そ の 他 ク リ ー ン ル ー ム バ イ オ ハ ザ ー ド ケ ミ カ ル ハ ザ ー ド 動 物 飼 育 恒温恒湿室 実 験 室 バ イ オ ハ ザ ー ド JACA型式認定品垂直型バイオハザード対策用キャビネット JACA:Japan Air Cleaning Association(公益社団法人 日本空気清浄協会) ■クラスⅡA2 新製品 公益社団法人 日本空気清浄協会が型式認定した製品です。(認定番号:HT-03-13) ●作業開口高さを選択可能(200mm、250mmを選択可能) ●風速・殺菌灯点灯残り時間、殺菌灯点灯積算時間をデジタル表示 ●殺菌灯の点灯時間を選択可能(15、30、60、90、120、240分・連続から選択) ■寸法図 差圧計(0∼200Pa) (排気HEPA差圧用) PAOポート (サイドカバー内) 排気口 排気口 端子台 (480)300 300 1440 1500 (460) 250 (40) 気密保証範囲 サイドカバー 前面シャッター ブレーカ (カバー付) 操作スイッチ 風速表示器 防滴コンセント 250㎜開口ストッパ 200㎜開口ストッパは、 前面シャッター下部右側( ) 750 (前面開口高さ) 250∼470 0∼200、250 (200、250開口ストッパ付) 770 370 (160) (70) 600 500 1300 (740) 1390 真空配管接続口 外径φ11㎜ フットスイッチ ガスコック用つまみ ガスホース用 ホースエンド 外径φ11.5㎜ 20 キャスター 車輪:黒色ナイロン 金具:SPCC、メッキ品 黒色ラバー付アジャスター ボルトナット部:SS400メッキ品 ラバー部:オレフィン系エラストマー 循環用HEPAフィルタ UVランプ(殺菌灯) 6301400 2030(搬入時、全高さ1970(ボルト含む)) (アジャスタにより調整)排気カバー用ボルト (10) (730)675 電源コード(5m) (2P接地型プラグ付) 送風機 風速センサー(右側面) 電子着火式 ガスバーナ接続口 (左側面) 排気用HEPAフィルタ 照明灯(40W×2) 真空配管接続口 (左側面)外径φ10㎜ 防滴コンセント(右側面) (2口、2P、接地極付) (780) (760) (排気) 製品コード L7H242P 型式 SCV-1308ECⅡA2J 性   能 集じん要素 HEPAフィルタ 集じん効率 0.3μm粒子にて99.99%以上、スキャンテスト合格品 前面シャッター開口部高さ 250mm 200mm 排気風量 10.6∼11.6m3 /min 9.8∼10.5m3 /min 風   速 作業台内 奥列:平均0.39±0.025m/s 奥列:平均0.36±0.025m/s 中列:平均0.36±0.025m/s 中列:平均0.34±0.025m/s 手前:平均0.32±0.025m/s 手前:平均0.31±0.025m/s 各点の測定値は、各列(領域)平均値±0.08m/s以内 流入開口部 平均0.57±0.025m/s 平均0.65±0.025m/s 循環気率 60% 61% 気 流 バ ラ ン ス 試 験 方法 JACA No.48-2009による物理的封じ込め確認検査 作業者の 安全性試験 AGIサンプラ合成浮遊液からのコロニー数      10個以下 スリットサンプラからのコロニー数           5個以下 試料保護試験 作業台に敷き詰めたペトリ皿のコロニー数       5個以下 試料間の相互汚染防止試験 作業台側面から360mm以上離れたペトリ皿のコロニー数 2個以下 本体気密度 本体内部を500Paに加圧したときの、30分後の圧力低下が10%以下(正圧維持法) 紫外線強度 作業台全域 40μW/cm2 以上 照度 平均950 lx以上 騒音値 65/63dB(A特性音圧レベル)以下 67/65dB(A特性音圧レベル)以下 作業台前方300mmかつ作業台面からの高さ380mmの点に於ける値 作業台最大積載荷重 50kg 機外静圧 0Pa 電源 AC 1φ 100V 50Hzまたは60Hz(15A×1本) 消費電力(50/60Hz共通) 310W±15% 280W±15% 材 質 お よ び 構 造 HEPA フィルター 給気用 1,200×500×t65mm 1枚(ノンセパレータ型 アルミフレーム) 排気用 760×500×t65mm 1枚(ノンセパレータ型 アルミフレーム) 本体ケース 鋼板製、塗装(SUS部を除く) 作業台 SUS304、JIS仕上げNo.4相当板、コーナー部分はR仕上げ ■仕様 JACA型式認定品 SCV−1308ECⅡA2J 材 質 お よ び 構 造 作業台高さ調整 アジャスタにより−70∼+15mm調整可能 照明灯 40W 2灯 インバータ式 殺菌灯 15W 2灯 グロー式 前面シャッタ− 無色透明強化ガラス t5mm アルミ枠仕上げ(下部除く) 差圧計 0∼200Pa(排気HEPA差圧計表示用 計1個) 吹出しパンチング板(整流板)材質 SUS304 電子着火式ガスバーナー 不付(ガスコック類は本体に配管済み) 真空配管 1本(但し、バルブは不付、ゴムキャップ付) 塗装色 ネオホワイト半ツヤ(マンセルNo.5Y/8.5/1相当) 本体質量 280kg 最小分割寸法(W×D×H) 1,500×780×1,970mm 設 置 上 の 注 意 事 項 ダクト接続する場合 前面シャッタ開口部高さ(250/200mm)により風量が変化しますので、開放型 ダクトの接続を推奨します。 (1)(ダクト圧損 + 設置室内の負圧分)= △ P(Pa)を補償する排気ファンを 設けてください。 (2)開放型ダクト接続方式のダクトの排気量は、クラスⅡキャビネットの排気量 の150%が必要です。 (3)密閉式ダクト接続より、開放型ダクト接続の方が、クラスⅡキャビネットの排 気量を一定に保つことができます。開放型ダクトからの排気量に相当する 空気が実験室に供給されていることを確認してください。もし、供給されてい ませんと、クラスⅡキャビネットの所定の風量が確保できなかったり、クラスⅡ キャビネットからの排気が、室内に漏れる可能性があります。 (4)クラスⅡキャビネットの保護およびメンテナンス時のために、密閉型ダクト接 続する場合は、クラスⅡキャビネットの排気フランジと建屋ダクトの間に、取外 し可能なフレキシブル継手を設けてください。 ダクト接続 しない場合 (1)クラスⅡキャビネットをホルムアルデヒドガスで滅菌作業をする場合に備え、 滅菌作業後のガスを排出するための排気口を本体から5m 以内の位置 に設けてください。 (2)クラスⅡキャビネットの本体排気口から天井面まで、300mm以上のメンテ ナンススペースを設けて下さい。 本体価格 ¥1,875,000 (     ) 屋外排気をする 場合は開放型ダ クトの接続を推 奨します ■気流方式 デジタル表示操作スイッチ部 電子着火式ガスバーナー L7H271P ■オプション フレキシブル継手 防風カバー防虫網 (建屋ダクト) 200mm (天井) (ダクト圧損+設置室内の負圧分)=△P 排気ファン(静圧△P) 300mm以上 除外 ダンパ 屋 外 新製品 ・
右ページから抽出された内容
330 レジェール ベ ル デ 卓上フード 局 所 排 気 シ ス テ ム 屋 上 設 置 スクラバー 排気ファン ダ ン パ 実験台概要 ボ ラ ン チ リフォルマ フリーウェイ ウェットラボ SF-Ⅱ SC プラティコ 天 秤 台 測 定 台 除 振 台 圧力調整器 フリーウェイ ドライラボ リ ベ ル テ 流 し 台 作 業 台 ワ ー ク デ ス ク 収 納 チ ェ ア ス ツ ー ル シ ェ ル フ そ の 他 ク リ ー ン ル ー ム バ イ オ ハ ザ ー ド ケ ミ カ ル ハ ザ ー ド 動 物 飼 育 恒温恒湿室 ヒュームフード 概 要 実 験 室 JACA型式認定品垂直型バイオハザード対策用キャビネット・オールフレッシュ型バイオハザード対策用キャビネット ■ オールフレッシュ型バイオハザード対策用キャビネット ■クラスⅡB2( 全排気型) 新製品 オールフレッシュ方式 給気系と排気系を各々独立させ、循環させないオールフレッシュ方式を採用しています。 さらにキャビネットの内外には、HEPAフィルターと作業開口部のエアバリアで実験者の 感染抑制と実験材料の保護を同時に行うものです。これらの構造のため、気流の循環を 嫌うバイオハザードの実験に適します。 ●傾斜型前面シャッター採用 ●風速・殺菌灯点灯残り時間、殺菌灯点灯積算時間をデジタル表示 ●殺菌灯の点灯時間を選択可能(15、30、60、90、120、240分・連続から選択) ●自社試験設備による、JIS/NSF試験方法に基ずく気流バランス試験を実施 (680) φ400 (680) (1500) サイドカバー 防滴コンセント 200㎜開口ストッパー 前面シャッター ブレーカ (カバー付) 操作スイッチ 風速表示器排気用 真空配管接続口 外径φ11㎜ ガスコック用つまみ 床固定金具穴位置 キャスター 車輪:黒色ナイロン 金具:SPCC、メッキ品 ガスホース用 ホースエンド 外径φ11.5㎜ (排気) (給気) 送風機 照明灯(40W×2) 防滴コンセント(右側面) (2口、2P、接地極付) 真空配管接続口 (左側面)外径φ10㎜ 風速センサー(右側面) 電子着火式 ガスバーナ接続口 (左側面) 給気用 給気用開口 排気風速センサ 上面引出し用ゴムブッシュ M10ネジ穴(ネジ深さ20㎜) (4か所、ポリプロピレン製キャップ付) 転倒防止金具取付可能(工場除外) 気密保証範囲 排気ダクト接続口 差圧計(0∼300Pa) (排気HEPAフィルタ差圧用) (1300) (780) (760) 1390 770 (600) 500 750 6301400 (1600) 移動時全高(2160) (2230) (730)675 14550 (5) (440)(45) (160)(70) (前面開口高さ) 200∼470 0∼200 (200開口ストッパ付) 37040 30 40830 排気HEPAフィルタ交換用カバー 給気用HEPAフィルタ 分割可能ライン UVランプ(殺菌灯) 電源コード 2P接地型プラグ付 引出し4.5m PAOポート (サイドカバー内) 黒色ラバー付アジャスター ボルトナット部:SS400メッキ品 ラバー部:オレフィン系エラストマー SCV−1308ECⅡB2 ●価格は税抜き価格です。消費税を別途承ります。●価格には配送費・施工費は含まれておりません。別途承ります。 デジタル表示操作スイッチ部 製品コード L7H254P 型式 SCV-1308ECⅡB2 性   能 集じん要素 HEPAフィルタ 集じん効率 0.3μm粒子にて99.99 %以上、スキャンテスト合格品 前面シャッター開口部高さ 200mm 排気風量 26.1m3 /min 風 速 作業台内 平均0.325∼0.375m/s 流入開口部 平均0.60∼0.65m/s 気 流 バ ラ ン ス 試 験 方法 JIS K3800のネプライザにより枯草菌芽胞を噴霧しサンプリングする 作業者の 安全性試験 AGIサンプラ合成浮遊液からのコロニー数       10個以下 スリットサンプラからのコロニー数            5個以下 試料保護試験 作業台に敷き詰めたペトリ皿のコロニー数        5個以下 試料間の相互汚染防止試験 作業台側面から360mm以上離れたペトリ皿のコロニー数 2個以下 本体気密度 本体内部を500Paに加圧したときの、30分後の圧力低下が10%以下(正圧維持法) 紫外線強度 作業台全域 40 μW/cm2 以上 照度 平均800lx以上 作業台最大積載荷重 50kg 機外静圧 320Pa 電源 AC 1φ 100V 50Hzまたは60Hz(15A×1本) 消費電力(50/60Hz共通) 160W 材 質 お よ び 構 造 HEPA フィルター 給気用 500×1,240×t65mm 1枚(ノンセパレータ型 アルミフレーム) 排気用 940×450×t65mm 1枚(ノンセパレータ型 アルミフレーム) 本体ケース 鋼板製、塗装(SUS部を除く) 作業台 SUS304、JIS仕上げNo.4相当板、コーナー部分はR仕上げ 作業台高さ調整 アジャスタにより−70∼+15mm調整可能 照明灯  40W 2灯 インバータ式 ■仕様 材 質 お よ び 構 造 殺菌灯 15W 2灯 グロー式 前面シャッタ− 無色透明強化ガラス t5mm アルミ枠仕上げ(下部除く) 差圧計 0∼300Pa(排気HEPA差圧計表示用) 電子着火式ガスバーナー 別売(ガス種類はご指定による。但しガス種 4A・4B・4Cはご使用できませんのでご了承ください。) 真空配管 1本(但し、バルブは不付、ゴムキャップ付) 塗装色 ネオホワイト半ツヤ(マンセルNo.5Y/8.5/1相当) 本体質量 300kg 最小分割寸法(W×D×H) 1,500×780×1,600mm 設 置 上 の 注 意 事 項 必ず右図に示す ように野外排気 としてください。 フレキシブル継手 防風カバー防虫網 (建屋ダクト) 200mm (天井) (ダクト圧損+設置室内の負圧分)=△P[Pa] 排気ファン チャッキダンパ 除外 ダンパ 屋 外 (1)(ダクト圧損 + 設置室内の負圧分)+(機内抵抗 320[Pa])=△ P+ 320Paを補償する排気ファンを設けてください。 (2)安全キャビネットの排気風量に相当する空気が実験室に供給されているこ とを確認してください。もし、供給されていませんと、安全キャビネットの所定 の排気風量が確保できず性能が得られないことになります。 (3)安全キャビネットの保護およびメンテナンス時のために、安全キャビネットの 排気フランジと建屋ダクトの間に、取外し可能なフレキシブル継手を設けて ください。 (4)密閉式ダクト接続によるキャビネットの排気システムは、キャビネットに隣接し て配置されている送風機および排気ダクトの最速位部に配置される送風 機の2台を組み合わせるシステムを推奨いたします。 使用上の注意事項 細菌試験性能はスライドシャッターの作業開口高さが200mmの場合を示します。 この高さを確保するための位置決め金具が本体に取付けてありますので、 実験作業時はこれを利用し、必ず作業開口高さ200mmとしてご使用ください。 本体価格 ¥2,000,000 ※建屋排気ファンには定格排気風量において、「ダクト圧損+設置室内の負圧分+機内静圧」以上の能力を 有するファンを別途ご準備ください。また流入風速調整のため、ダンパ等の風量調整機能を設けてください。 ■気流方式 電子着火式ガスバーナー L7H271P ■オプション ■寸法図 新製品 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。