オカムラ ラボラトリー[研究施設]総合カタログ Vol.6 57-58(58-59)

概要

  1. ソリューション
  2. 研究施設事例
  1. 57
  2. 58

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
 低床式ヒュームフードは、大型機器の設置を容易にすると共に、多くの特殊ガスや電源を供給します。1 1  視線を遮る間仕切りや収納を極力減らし、広々としたオフィス空間を作ることで一体感を演出。立ち上がれば他部署を含 めた全体を見渡せます。デスクとチェアーは“進化するオフィス”をコンセプトに、将来のレイアウト変更に対応可能なユニ バーサルレイアウトを採用。    収納は文書管理システムの導入により、従来比50%削減。研究員同士の交流を促すために、ミーティングスペース やコラボレーションスペースを多く設置。 5 6 7 8 5 6 7 8 57 納入事例 Interview 旭化成ケミカルズ 株式会社 川崎 イノベーション センター ▶プロジェクトデータ 所在地:神奈川県川崎市川崎区夜光1-3-1 延床面積:7,770㎡ 2012年12月竣工・運用開始 ・
右ページから抽出された内容
転載不可 青木 肇也 主席研究員 研究開発総部  低風速式ヒュームフードは、VAV可変風量給排気システムとの 組み合わせにより、空調費のランニングコストを大幅に削減。安 全性と経済性を両立します。 2 2  大型機器を設置する必要性のある実験室には、研究員の 安全性と利便性を両立させるために、特注サイズのウォーク インを設置。 3 3 チール製に。重量のある機器は、従来の木製実験台では 載 せることができませ ん 。そ の 点 、スチー ル 製 なら強 度 はもちろん、収納力も増し、結果的に実験室を広く扱うこ とができました。また、ヒュームフードは導入台数が多く、 空 調 負 荷 低 減と研 究 員 の 安 全 性を両 立することが課 題 となります。そこで、VAV(可変風量給排気システム)と 低風速(low velocity)ヒュームフードの組み合わせに より、省エネと安全性を兼備えた快適な実験室を実現で きました。 コンシェルジュがフォローする、自由度の高いオフィス  オフィス空間は交流を促すため、気軽にフロアーが移動 でき、その際にお互い顔が見える内階段を設けました。さ らに、“進化するオフィス”というコンセプトのもと、フレキ シブルなつくりに。将来の組織変更やレイアウト変更にも 柔軟な対応ができるオフィス空間を目指しました。  また、プロジェクトルームや会議室は、移動間仕切りに よってスペースの大小を自由に変えながら、多目的な会 議室やミーティングができるよう工夫しています。  そして、これら新施設をスムーズに稼働させるため、「コ ンシェルジュ」という案内人をオフィス中央に設置。施設 利用のガイドラインを策定・実行することで、異なる部署 間の潤滑油を担います。 4つの部署が集結、交流による相乗効果を期待  川崎イノベーションセンターは、今までの敷地に点在し ていた4つの部署を1つに集約させるために設けられま した。省燃費タイヤをはじめ、新たな合成ゴムを研究して いる部署、太陽光があたると汚れが分解される外壁塗料 など研究している部署、最新の原料事情を取り入れた革 新プロセスと触媒を研究している部署、再生可能エネル ギーなど環境化学に関する新しいシステムや部材を開発 している部署。研究内容はそれぞれですが、だからこそ各 部署が1つの施設に集まって交流を持つことは、新しい発 想が生まれたり、製品を世に出すまでのスピードを早めた り、といったことにつながると期待できます。特に、研究員 には言語化して説明できる知識量の30万倍にも及ぶ「暗 黙知」があると言われています。それらを交流の中で引き 出せたら、もっと新しいモノが生み出されるのではないか と思います。 交流に加え、効率・安全・経済性も追求した実験室  実験室においては、フロアー面積に制限があって広い 空間を確保できないため、どのように交流を生み出すか が設計のポイントでした。そこで、実験室のインフラを動 脈のようにまとめることで、うまく機能させる空間づくり を行いました。   実 験 台 の 選 定 にお い ては、収 納 力 などを 重 視してス 多彩な交流を促進し、新たなモノを生みだすきっかけに  実験台は、収納効率・堅牢性・耐荷重性よりスチールキャ ビネット製を採用。フロアー面積に制限を受けながらでも 効果を発揮します。 4 4 58 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。