オカムラ ラボラトリー[研究施設]総合カタログ Vol.6 133-134(134-135)

概要

  1. 実験室
  2. 実験台
  3. 天板
  1. 133
  2. 134

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
133 ヒュームフード 概 要 レジェール ベ ル デ 卓上フード 局 所 排 気 シ ス テ ム 屋 上 設 置 スクラバー 排気ファン ダ ン パ 実験台概要 ボ ラ ン チ リフォルマ フリーウェイ ウェットラボ SF-Ⅱ SC プラティコ 天 秤 台 測 定 台 除 振 台 圧力調整器 フリーウェイ ドライラボ リ ベ ル テ 流 し 台 作 業 台 ワ ー ク デ ス ク 収 納 チ ェ ア ス ツ ー ル シ ェ ル フ そ の 他 ク リ ー ン ル ー ム バ イ オ ハ ザ ー ド ケ ミ カ ル ハ ザ ー ド 動 物 飼 育 恒温恒湿室 実 験 室 天板 実験・研究の目的にあわせて選べる天板をラインナップ! 実験台として最も重要とされるのは天板です。実験や研究の使用目的にあわせてより最適な天板をお選び頂くことが長く お使い頂けるポイントです。オカムラでは環境に優しい材料で天板を製作し、平滑度や耐荷重性能、更にはキャビネットの 収納及び足元の空間効率を高めた天板をラインナップしています。 耐薬性天板(木基材) 耐薬性天板(スチール基材) メラミン天板(木基材) メラミン天板(スチール基材) 対象実験台 ボランチ/リフォルマ/SF-Ⅱ/ SC/プラティコ ボランチ/リフォルマ/ フリーウェイウェットラボ ボランチ/リフォルマ ボランチ/フリーウェイドライラボ/ リベルテ 製品イメージ 表面材 ケミテクト ケミテクト メラミン メラミン 表面色 ブラック ブラック ホワイト ブラック ホワイト ネオウッドライト ネオウッドミディアム ネオウッドダーク 不燃性 難燃 難燃 難燃 難燃 芯材 パーティクルボード スチール パーティクルボード スチール 縁材 ポリプロピレン ポリプロピレン ABS ABS 耐熱性 (℃) 180 180 140 140 表面硬度 (JIS硬度) 4H 4H 9H 9H 概要 機械貼りエッジ構造で仕上げて おり水が入り難い構造です。 耐薬品性に優れており、酸・アル カリ・有機溶剤など幅広い薬品に 対応可能です。 スチールのノウハウを取り入れた 耐薬性と強度に優れた天板です。 細菌やカビが発生し難く腐食に 強い天板です。 一般オフィスでも使用される汎用的な天板です。表面色を好みの色に 変更することもできます。 ・
右ページから抽出された内容
134 レジェール ベ ル デ 卓上フード 局 所 排 気 シ ス テ ム 屋 上 設 置 スクラバー 排気ファン ダ ン パ 実験台概要 ボ ラ ン チ リフォルマ フリーウェイ ウェットラボ SF-Ⅱ SC プラティコ 天 秤 台 測 定 台 除 振 台 圧力調整器 フリーウェイ ドライラボ リ ベ ル テ 流 し 台 作 業 台 ワ ー ク デ ス ク 収 納 チ ェ ア ス ツ ー ル シ ェ ル フ そ の 他 ク リ ー ン ル ー ム バ イ オ ハ ザ ー ド ケ ミ カ ル ハ ザ ー ド 動 物 飼 育 恒温恒湿室 ヒュームフード 概 要 実 験 室 環境対策 ■ベタ芯構造 過密化した森林では木の根付きが 悪くなり、大雨での倒木や土砂災 害などを引き起こすことがありま す。そこで必要となるのが、しっか りとした木を育てるために、木を間 引いて森林に適度な光を入れる間 伐作業。間伐作業で生まれた木材 が「間伐材」です。 オカムラでは、従来有効な用途が 考えられなかったスギやヒノキ、カ ラマツなどの間伐材を粉砕・加工 してテーブルの天板やイスに無駄 なく活用し、森林の保全・健全化を 積極的に推進しています。 間伐材を積極活用して森林保全に貢献しています。 ■環境配慮型天板 ■VOC VOC(volatile organic compounds):揮発性有機化合物。建材や塗料、接着材などに含まれる有害な揮発性の化学物質。 ■ホルムアルデヒド 接着剤や塗料などに幅広く使用されている化学物質。空気中に拡散しやすく異臭を放つため、目やのどの痛み、頭痛や吐き気を引き起こしたり、アレルギー症状の悪化をまね くことも。オカムラは徹底してホルムアルデヒド放出量を抑制しています。 オカムラはシックハウス対策のために、 VOCを徹底して抑制したF☆☆☆☆対応の資材を使用しています。 ■従来のハニカム構造木基材天板の芯材は間伐材が主材料となってい るパ−ティクルボ−ドを使用したベタ芯構造で、 平滑度と耐荷重性能をより一層高めています。 また、天板厚さを従来の45mm厚から30mm 厚まで薄くすることで、キャビネットの収納効率 を高めています。縁材は環境に優しいポリプロピ レン樹脂を採用しています。 ▲ 建築材料の区分 内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する建材には、次のような制限が行われます。 建築材料の区分 ホルムアルデヒドの発散 少ない 多い JIS、JASなどの表示記号 新規格表示 旧規格表示 内装仕上げの制限 建築基準法の 規制対象外 放散速度 5μg/㎡h以下 F☆☆☆☆ 制限なしに使える 第3種ホルムアルデヒド 発散建築材料 5μg/㎡h   ∼20μg/㎡h   F☆☆☆ 使用面積が 制限される第2種ホルムアルデヒド 発散建築材料 20μg/㎡h   ∼120μg/㎡h   F☆☆ 第1種ホルムアルデヒド 発散建築材料 120μg/㎡h超  F☆ E2、Fc2 叉は表示なし 表示なし E0、Fc0 E0、Fc1 使用禁止 ※1 μg(マイクログラム):100万分の1gの重さ。放散 速度1μg/㎡hは建材1㎡につき1時間当たり1μg の化学物質が発散されることをいいます。 ※2 建築物の部分に使用して5年経過したものについ ては、制限なし。 規制対象となる建材は次の通りで、これらには原則 としてJIS、JAS又は国土交通大臣認定による等級 付けが必要となります。 木質建材(合板、木質フローリング、パーティク ルボード、MDFなど)、壁紙、ホルムアルデヒド を含む断熱材、接着剤、塗料、仕上塗材など 過密化した森林では木の根付きが悪く なり、大雨での倒木や土砂災害などを 引き起こすことがあります。そこで必要 となるのが、しっかりとした木を育てる ために、木を間引いて森林に適度な光 を入れる間伐作業。間伐作業で生まれ た木材が「間伐材」です。 オカムラでは、従来有効な用途が考え られなかったスギやヒノキ、カラマツな どの間伐材を粉砕・加工してテーブルの 天板やイスに無駄なく活用し、森林の保 全・健全化を積極的に推進しています。 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。