オカムラ ラボラトリー[研究施設]総合カタログ Vol.6 11-12(12-13)

概要

  1. コンセプト
  2. Focus & Collaboration
  1. 11
  2. 12

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
転載不可 11 今 、 研 究 開 発 を と り ま く 環 境 は 大 き く 変 化 し て い ま す 。 めまぐるしく変化する現代においては、研究開発の重要性が再認識されると同時に、投資に見合った知的生産性が求め られています。知的生産性を飛躍的に高めるには、今までのように一人ひとりの研究者が研究に集中するだけでなく、 ・
右ページから抽出された内容
転載不可 12 研究者同士がコミュニケーションをとり、そこに気づきが生まれるような“ブレークスルーを生み出す知識創造行動” が重要とされ、それを生み出す空間が求められています。 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。