Acti@Fellow(アクティアフェロー) 1-2(2-3)

概要

  1. 1
  2. 2

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
社会で求められる課題解決力や創造力をもつ人材をはぐくむために――大学では、学生同士や教員とが双方向のコミュニケーションを取りながら自発的に学び合う「アクティブラーニング」と呼ばれる能動的な学びのスタイルが積極的に導入されています。企業でもグループワークによる研修など、より実践的な学びが増えています。岡村製作所は、そのアクティブな学びの場を有機的に発展させるテーブル製品シリーズ、『Acti@Fellowアクティアフェロー』を生み出しました。アクティブラーニングの環境を進化させる。足抜け座る位置を選ばない足抜けの良い脚部ホワイトボード持ち運びしやすい軽量ホワイトボード
右ページから抽出された内容
アクティブラーニングの大学導入率は4433%%にカラー豊富なカラー展開と他製品とのコーディネーション組み合わせシーンに合わせて自由に変えられるテーブルスペースアクティブラーニングの空間(複数の学生が集まり、さまざまな情報資源を活用しながら学習を進めていくスペース)を設置した大学は、平成26年度で338大学に増え、全体の43%に達しています。過去3年間で約2.5倍にも増加しており、今後もますますアクティブラーニングの導入・発展が期待されています。平成26年度「学術情報基盤実態調査」(文部科学省)より単位:大学■アクティブラーニング・スペース設置大学数の推移年度4003002001000H2189H22110H23137H24181H25244H26338

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。