pirouette[ピルエット] 1-2(2-3)

概要

  1. 1
  2. 2

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
からだへの負担を減らし快適にはたらく座っ座た姿た姿勢と勢と立っ立った姿勢の利点を取り入れた「半立位姿勢勢((Perching)」を叶えるオカカムラムラが提が提案するパーチングスツール「ピルエット」。半立位姿勢では座っているととききよりより腰の腰の負担を少なく、立っているときよりも足の負担を軽減します。立った状態に近いい姿勢姿勢で、立ち座りが素早く行えるので、短時間の作業に適しています。腰への無駄な緊張が緊かからからず、椎ず、椎間板へ間板への負担の負担が少ながい半立位姿勢。両足裏と裏と坐骨の坐骨の3点で身点体が支が支えられえられることることでで、土台となる骨骨盤が安盤が安定。座定。面が前傾することで、背骨のS字字カーブは立位立位とほぼとほぼ同じ状同状状態に保態に保態に保たれ、、腰への腰への負担が負担軽減。減体重はは足裏と裏と座面に座面座面に座適度適度に適度に分散さ分散さ散され、立れ位よりりも足の足の負担負担が少ななくなりくなります。ます。ます。すピルエットの使用感についてアンケートを実施。多くの方が「着座時の姿勢変化がしやすい」「負荷や疲労感が少ない」など、快適な座り心地を実感していただきました。「座る」とと「立立立つつつ」」のいいとこ取取りりはたたららくく姿姿勢勢勢勢のの新提案座面が滑りにくい姿勢変化による負荷分散がしやすいお尻の痛みや疲労感がない着座時の姿勢変化がしやすい腹筋・背筋への負荷を感じない[理想的な姿勢]利用者の満足度両足裏と座骨の3点支持によって骨盤が安定体重の約70%が座面へ体重の約30%が足裏へ座位より腰への負担が軽減立位より足への負担が軽減出典:東京大学医学部附属病院松平浩特任准教授との共同研究2015年※オカムラ調べ骨盤角度約5°座角度約10°約130°ピルエット(スイング脚タイプ)当社従来スツール
右ページから抽出された内容
立ち座りが素早く行える「ピルエット」は、短時間でのPC作業やミーティングに適しています。また身体の動きに合わせ支柱が傾き座面がフィットするため、立ち作業のサポートチェアとしてもご利用いただけます。短時間の効率的な作業のコツはパーチングスタイルミーティングスペースやリフレッシュスペースは、ワーカー同士の重要なコミュニケーションの場。立っている人とも視線が合いやすいので、会話をするタイミングが自然と生まれやすくなります。ミーティングスペースでのコミュニケーション向上に

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。