2017-2018年版 オカムラ総合カタログ[価格改定版] 1-2(2-3)

概要

  1. 巻頭
  2. ナチュラルビーイング
  1. 1
  2. 2

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
個人と組織が最高のパフォーマンスを発揮するためにNatural-being自分らしさと能力を思いのままに発揮している状態現在のビジネスシーンでは、組織の中で自立した個人が能力を発揮し、成長しながら組織との新しい関係を築いていく。そして共に価値を高めていくことが望まれています。企業の発展には、働く一人ひとりの活躍が不可欠なのです。それぞれの人が「自分らしさと能力を思いのままに発揮している状態」で働いていれば、おのずと組織全体のパフォーマンスは最大化していきます。そのように働いている状態のことを私たちは「ナチュラルビーイング」と名づけました。ナチュラルビーイングであるためにどうすればいいか。私たちは、働く人の人間性をあらためて見つめ直す必要があると考え、「感性」「価値観」「行動」の3つの要素に着目し研究を深めています。オフィスをつくるときには、この3つの要素をしっかり捉えた上で、制度や空間、家具やシステムといった働くためのプラットフォームのあり方を考えなければならないのです。01転載不可
右ページから抽出された内容
ナチュラルビーイング人間性の3要素感性価値観行動感性を刺激することは、私たちの本来持つ感受性を育み、豊かな発想を生み出す創造力を芽吹かせる。価値観を尊重することは、組織の信頼関係を強くし、一人ひとりの多様な個性を引き出す。自然な行動を促すことは、ストレスがかからず、心身の健全性が保たれ効率的な活動をつくり出す。感性を刺激するINSPIREYOURSENSESRESPECTYOURVALUESENCOURAGEYOURACTIONS価値観を尊重する行動を促す02

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。