図書館総合カタログ Vol.1 25-26(26-27)

概要

  1. オカムラの図書館ICT
  1. 25
  2. 26

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
図書館空間全体にマッチしたシステムをご提案します *「RFID」とは Radio Frequency IDentification の略称で、ID 情報を埋め込んだタグから、電波、電磁界などを用いて無線通信によって情報をやりとりするものです。 *図書館用 IC タグはタグに IC チップ(集積回路)と小型のアンテナを埋め込み、そこに記憶された情報を電波によって直接触れず(非接触)に読み取ることができます。 オカムラの図書館 ICT 「RFID」(ICタグ)の技術開発と低価格化により、図書館においても普及が急速に広がっています。 オカムラは「長距離でもデータが読み取れる」「非接触で複数の書籍を一括で読み取れる」など、魅 力あるUHF帯のICタグと連携した支援ツールを搭載した家具や什器を揃え、業務効率化や情報 取得による利用者へのサービス向上につなげていきます。 ICタグ、IC カード導入によるシステムソリューション ▶複数の書籍を  一括処理 ▶書籍を棚に  置いたまま蔵書点検 書籍 IC タグ IC カード 貸出・返却 カウンター 自動貸出機 自動仕分機 蔵書点検機 (ハンディスキャナー) 自動読取 ブックトラック 閲覧席管理 システム 書籍予約棚 システム ゲート システム 書籍自動 書庫 ▶予約書籍の貸出  セルフ化 ▶利用者の  プライバシー尊重 p.29を参照 ▶仕分け作業の無人化 ▶配架作業の効率化 p.31を参照 ▶蔵書点検の無人化 ▶棚卸し作業の効率化 p.30・241を参照 p.30・113を参照 ▶返却棚として利用し  館内利用本把握 ▶複数の書籍を一括処理 ▶貸出返却業務の効率化 ▶複数の書籍を一括処理 ▶貸出セルフ化 ▶不正、無断  持ち出しの防止 ▶入館者データの取得 ▶閲覧席の予約・在席管理 ▶利用率の把握 p.27を参照 コンセプト 25 オ カ ム ラ の 図 書 館 I C T ・
右ページから抽出された内容
導入前 スタッフのメリット 利用者のメリット 効率化 情報 セキュリティ ● ・磁気電波方式による、無 断持ち出し検知のみで不 正持ち出しが発生しやす い ▶ 無断持ち出し本の検出精度がよく、蔵書の紛失を防ぐことができます。 ー ● ・ICタグの検知により無断持ち出 し資料の特定が可能 ● ・ICタグの読取性能により、カバ ンの中の書籍も検知可能 ● UHF 帯を利用することでゲー ト幅を広くとることが可能 ● ・通過したすべての資料を把握す ることが可能 カウンター ● ・バーコードがスキャンで きるように資料の向きを 揃え、1冊ずつスキャン ● ・資料を磁気消去再生機へ 移動させ、磁気タグの消去 (貸出)・再生(返却)を1 冊ずつ処理 ▶ 貸し出し・返却作業の負担が軽減します。 ● カウンターの手続きがかんた んになり、カウンターの待ち時 間を短縮することが可能 ● ・数冊まとめてアンテナの上に置 くだけで、貸し出し・返却処理が 可能 ● ICタグの無断持ち出し防止情報 の書き換えを同時に行う ー 自動 貸出・返却 ● ・1冊ずつバーコードを読 み込ませながら特定の位 置にセットして磁気消去 するため、手続きに時間 がかかる ▶ 配架までの作業負担が軽減します。 資料の館内利用データが取得できます。 ● 数冊まとめての貸出処理が可 能で、カウンターに行く手間、 待ち時間を短縮することが可 能 ● カウンターでの貸し出し対応が 減り、業務負担の軽減が可能 ● 返却された書籍を棚位置やフロ アごとに自動で仕分け、配架ま での作業負担を軽減 ● 館内にも返却棚を置くことで、 館内利用書籍データを取得可 能 予約 ● ・予約本を配架した後、所 在登録が必要 ● ・・予約本に利用者情報のレ シートを挟むため他者に 特定される可能性がある ▶ プライバシーを守りながら予約本の管理の作業負担を軽減します。 ● 予約本の利用者情報が他者に 特定されることがなく、プライ バシーが保護される ● 予約本を配架するだけで、ICタ グを読み取り、位置を把握。所 在登録が不要 ● ・自動貸出機を併用し、セルフ貸 出が可能 ● ・受け取られていない予約本の情 報を随時確認可能 ー 閲覧席 ● ・・空席の管理が把握しきれ ない ● ・長時間の居座りや場所取 りへの対応が難しい ▶ 座席管理が容易になります。 座席利用率が把握できます。 ● ・空いている時間帯に確実に利 用することが可能 ● ・座席の利用を随時カウンターか ら把握することが可能 ● ・予約時間外の利用を防止するこ とが可能 ● ・座席の利用データを蓄積、時期 や時間帯、席に応じた利用率を 把握可能 蔵書点検 ● ・資料を1冊ずつ引き出し てバーコードをスキャン し、元の位置に戻すため、 時間がかかる ▶ 蔵書点検の作業負担が減り、閉館期間を短縮できます。 ー ● 資料は配架したまま、数秒で10 冊以上を読み取るため点検によ る閉館期間の短縮・スタッフの 業務負担の軽減が可能 ● ・非接触で読取可能なので本に ダメージを与えることがない ー 自動書庫 ● ・所在登録が必要で、登録 が漏れた資料はどこのコ ンテナに入っているか特 定できず不明本となる ▶ 書庫内の資料取り出し時間・蔵書点検時間を短縮できます。 ● 必要な資料をPCにて申請す ることで、カウンターですぐに 受け取りが可能 ● 簡単な操作とセキュリティ機能 を両立させ、管理者不在での無 人貸出が可能 ● ・書庫内の自動棚卸しを実現し、 スタッフの負担軽減が可能 ● 予約本優先取り出し機能によ り、事前に予約した資料を待ち 時間なく取り出すことが可能 ● ・都度ICタグを読み取るため迷 い本がなくなる ● 書庫内の利用が多い資料やコン テナを把握可能 利用者サービスを向上させる業務効率化と効果的な情報取得 ICT 導入によるメリット コンセプト 26 オ カ ム ラ の 図 書 館 I C T ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。