図書館総合カタログ Vol.1 27-28(28-29)

概要

  1. オカムラの図書館ICT
  1. 27
  2. 28

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
※こちらの製品に関するお問い合わせは担当者までお願いします。転載不可座席の予約から利用までをスムーズに 管理することが可能な座席予約システム座席予約システムと閲覧デスクを連携させた、新しい座席管理システムにより利用者の利便性の向上、図書館スタッフの業務効率アップに貢献します。ICタグ・ICカード導入による周辺機器のご紹介閲覧席管理システム:リブティッシュインスペック閲覧テーブル座席予約システムセンサーユニット・ICカードリーダー制御ユニット利用者予約システム(PCorSmartPhone)管理者用システム(PC)閲覧席の環境把握PC・WEB座席予約席利用傾向把握レイアウト検討の参考省エネ・照明・電源操作〈オプション〉・温度センサー・湿度センサー・照度センサー・人感センサー・電源制御・メモリ予約ログイン・図書館のレイアウトから座席を選択できます。・図書館の利用者以外が予約することを防ぎます。・館内ではカードをかざすだけでログイン完了です。● 予約から利用までの流れ転載不可27コンセプトオカムラの図書館ICT
右ページから抽出された内容
※こちらの製品に関するお問い合わせは担当者までお願いします。・図書館の混雑状況に合わせて効率よく利用できます。・早期終了を把握できるので、席利用の効率が上がります。利用開始個人認証利用中利用延長利用終了・FeliCaをかざすだけで個人認証が完了です。・空予約を確実に防止できます。・一定時間が過ぎても個人認証されない場合は、予約がキャンセルされます。(時間は図書館ごとに設定可能)導入前スタッフのメリット利用者のメリット個人認証(在席認識)● どの座席が空いているかわかりづらい▶● 今の混雑状況が把握できる。● 各席の利用時間がわかる。● どこに誰がいるかわかる。● 使用している席、空いている席が認識できる。ローカル予約(個人認証)● 混む時間帯や時期が把握しにくい▶● 利用時間を制限できる。● 予約していない人、無断利用者を把握できる。● 1日の作業計画を立てられる。● 1日の混雑状況を把握できる。● 空いている席を確実に利用できる。WEB予約(個人認証)● 座席に関する業務に時間をとられる▶● 場所取りに早く来る人の対応がなくなる。● 次の日の状況や計画を立てられる。● 場所探しに時間をとられなくなる。● 場所取りをしなくてよくなる。● 自分が利用したい時間に行ける。● いつでもどこでも空席状況を把握できる。WEB予約(個人認証電源管理)● 長時間の居座りや照明の管理ができない▶● 照明の管理が自動でできる。● 席や電源の勝手な利用を注意しなくていい。● 長時間の居座りが減る。● 省エネ効果を得ることができる。● 自分の席を勝手に使われない。● 予約座席の使用時間をきちんと把握できる。予約システム環境データ収集・提示● 利用実績がないため閲覧席環境を改善できない▶● 空調管理に利用できる。● 収集したデータから、レイアウトの参考にできる。● 好きな席を見つけられる。(例)クーラーが当たらない/照明が明るい。▶ リブティッシュインスペックの導入により、図書館スタッフの業務負担を低減し、利用者の利便性も向上します。▶ 導入機能の段階的な選択で、座席予約から図書館環境のデータ収集まで、必要に応じた機能の使用が可能です。導入のメリット転載不可28コンセプトオカムラの図書館ICT

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。