図書館総合カタログ Vol.1 57-58(58-59)

概要

  1. 納入事例
  1. 57
  2. 58

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
立命館大学 大阪いばらきキャンパス 所在地 大阪府茨木市岩倉町2-150 開館 2015年 設計 山下設計(基本設計)・竹中工務店 基本計画・設計監修 立命館キャンパス計画室 施工 竹中工務店 主なオカムラ製作什器:書架・閲覧スペース家具 納 入 事 例 5 5窓際の明るいブラウジングコーナー。 6多様な閲覧スペース。 1開架書架の棚はすべて奥に向けて4度傾斜させ、出し入れをスムーズにするとともに、地震時の飛び出しを防止している。書架の上端には、透明なアクリル板を導光板 として用いたLED照明を取り付けている。 2雑誌コーナーの書架は、面出しする棚の下にバックナンバー用の扉付き収容棚の組み合わせ。 3ブックウォールおよび 開架スペース。 2 3  床から天井まで壁全面を書架としたブックウォールを 設置し、開架図書数を増やす一方で、複式書架の一部 の棚板を抜くことで、部分的に書架自体を閲覧デスクと して使えるように設えるなど、さまざまな工夫が詰まっ た大学図書館です。閲覧スペースのテーブルは、円形、 正方形の天板を囲むものから、片側および両側に直線 に並ぶもの、前面パネルのあるもの、ないものが用意 され、バリエーションが豊富。シチュエーションや好み に応じて、利用者が自由に閲覧環境を選べるように配 慮しました。中にはスタンドライトが置かれているテーブ ルもあり、人を寄り添わせる場づくりもなされています。  また同一フロア内では、家具と書架の面材・デザイン を揃えることで統一感のある空間が生まれています。 さまざまなタイプの閲覧スペースを用意。 利用者の自由な学びをサポート 4閲覧デスクを途中に組み込ん だ書架。天板を抜いて棚板を設置 すれば、書棚に変更することも可能。 4 5 6 1 57 ・
右ページから抽出された内容
1参考図書エリアは持ち出し式照明付きの低書架。背面から支持するブッ クサポートワイヤーは、目立たずスッキリした印象を生んでいる。 2一般図 書エリアは上部に照明を組み込んだ高書架。2〜3階には、静寂が必要な 利用者向けに、申し込み制の「サイレントルーム」が設けられている。  甲府駅北口に立つ、イベント機能や観光拠点機能も併せ持っ た県立図書館です。多数設けられた交流ルーム(貸しスペー ス)利用と図書館開架スペース利用の相乗効果を期待して、 1つの大空間にそれぞれの機能が収められました。イベント参 加者が図書館へ、図書館利用者がイベントへ流れるような場 づくりです。さらにはその双方が融合した場にもなり得ます。そ れは人が集まり、会話をする居場所が、そのまま本などの情報 に触れられる空間。たとえば街のカフェテラスのような席。そん なテーブル席が1階の広々としたモール状の空間に配置され、 大きな吹き抜けの下に、街角のような風景が生まれています。  ガラス壁によって街とつながり、トップライトから間接光が注 ぐ、大きな環境が形成されていて、その中に書架が林立した都 市が広がっているような図書館です。 イベントスペースと図書館の 共存から生まれる 新しいコミュニケーション 山梨県立図書館 所在地 山梨県甲府市北口2-8-1 開館 2012年 敷地面積 約4530㎡ 延床面積 約1万555㎡ 収容可能冊数 約110万冊 座席数 約200席 設計 久米設計・三宅建築設計事務所共同企業体 施工 清水建設・早野組・国際建設共同企業体 主なオカムラ製作什器:書架 納 入 事 例 6 3 2階の開架および閲覧スペース。県産物であるブドウの棚やカゴをモチーフにした 大天井をもつワンボックスの空間に、交流スペースと図書館スペースが同居する。 41階に広がるモール状の交流エリアは、図書館利用者とイベント参加者が往来す る場。自由に利用できるテーブルやソファが置かれ、新聞・雑誌コーナーや視聴覚 コーナーと連続している。 1 2 3 4 58 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。