図書館総合カタログ Vol.1 9-10(10-11)

概要

  1. 図書館の新しいカタチ
  2. 情報化する図書館
  1. 9
  2. 10

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
転載不可情報化する図書館知りたい情報はインターネットで得られる時代に、わざわざ足を運ぶ図書館の意味が問われています。デジタル化されていないコンテンツを所蔵することも重要ですが、利用者と情報の接点を生み出す役割が注目されています。たとえば、利用者の情報リサーチをサポートする技術は、ICTの発達とともに進化を遂げています。一方、イベントホールでの展示など、独自の視点で情報を提供するキュレーションの試みもはじまりました。9
右ページから抽出された内容
転載不可図書館システム予約本架BDSゲート自動返却仕分け機ICタグ自動書庫システム情報を提供し享受する場としての図書館は、その本来の機能をICT化して効率を高める傾向にあります。ここ数年でICタグの普及が急速に広がり、これに伴い各種図書館設備機器がICタグと連動するようになりました。図書館設備機器のICT化急がれる電子書籍への対応近年電子書籍が急速に普及していますが、公共図書館における対応は多くはありません。電子書籍を閲覧するプラットフォームが統一されていない点や、コンテンツ量や価格、貸し出しの管理方法などが課題となっています。10

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。