ミュージアム総合カタログ Vol.1 17-18(18-19)

概要

  1. 納入事例
  1. 17
  2. 18

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
転載不可 納入事例 01 Ten Thousand Years of Recorded Information 富士ゼロックスR&Dスクエア 所在地:・神奈川県横浜市西区みなとみらい6丁目1・ 富士ゼロックスR&Dスクエア3階 開館:2010年 建物規模:地下1階・地上20階・塔屋1階 建築設計・施工:清水建設 展示設計・施工:凸版印刷 トータルメディア開発研究所 主なオカムラ製作什器:独立展示ケース・収蔵庫扉および調湿内装・収蔵ラック  富士ゼロックスの新しいR&D拠点のメインエントランスに設置 されたミュージアムです。セキュリティゲート手前のオープンスペー ス内にあり、ゲストの目に触れる企業ブランディングの場です。オー プンで距離感の近い展示を実現しながら、同時に十全な保存、セ キュリティ対策が施されています。米・ゼロックス社が収集した情 報の記録・伝達にまつわる貴重な歴史的文化財を借り受け展示す るもので、展示品の保全は絶対条件でした。  1つの展示品につき1つの独立展示ケースで展示し、ケース群 をサークル状に並べることで、展示エリアを形成。壁面で囲わない、 エントランスに適したオープンな場です。展示ケースは高気密性、 耐震性が高く保全が十分で、低反射性ガラスを用いているので、 映りこみの少ない観賞性の高いデザインを施しています。展示替 えのあるテンポラリーな展示であり、文化財を一時保管する専用 収蔵庫も地下階に後工事で設置しています。 オフィスエントランスのミュージアム。 文化財のオープンで身近な展示を実現 17 ・
右ページから抽出された内容
転載不可 1. ・独立展示ケースをサークル状に配した展示空間。中央の展示物 を除き、定期的に展示替えが行われる。 2. ・サークルの外にはゼロックス社が開発した歴史的製品なども展示。 3. ・背面のガラスに描かれた象形文字などがモチーフの模様が、間 接光によって浮かび上がる。 4. ・収蔵スペース。スチール製支柱棚に落下防止対策としてネット を張っている。 5. ・中央のケースに納められた6世紀初頭の床モザイクタイルは重 量200kgに及ぶ。照明はスタンド式のLED照明を採用。 1 2 3 54 18 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。