ミュージアム総合カタログ Vol.1 45-46(46-47)

概要

  1. 展示ケースの構成と性能
  1. 45
  2. 46

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
性能(以下はオカムラ標準仕様。別途照明メーカー様とのタイアップも可能です。)・ ・演色性 色の再現性を表す平均演色評価数では、Ra90以上を推奨します。 ※オカムラではRa92以上 ・色温度 文化財の素材・材質によって、適するランプの色が異なります。LEDはランプの色温度を可変できる タイプがあります。可変幅は、電球色~白色まで。 ※オカムラでは2700~4500K ・調光機能(調光範囲10%〜100%) 手元操作で、最適な照度を設定できます。調光・調色のコントロールは、一括回路と個別回路の選択 が可能。コントローラは、一般的にはケース自身のパネル内部に設置します。 次世代の照明器具として注目されているのが有機ELです。極薄の発光パネルで、紫外線・赤外線が ほとんど出ない環境にやさしいデバイスです。 色温度によっては、LEDの寿命に迫る製品も発売されており技術は日進月歩です。やわらかい光の特性は、 蛍光灯に替わるベース照明としてオカムラでは研究・開発を進めています。 性能 ・演色性 Ra85以上(デバイスメーカーによりバラつきあり) ・色温度 3000K、4000K(デバイスメーカーにより調色機能付きも可能) ・調光機能 10〜100% LED照明 ・ベース照明 ・下部照明 ・スポットライト 有機EL照明 ・ベース照明 展示ケースの構成と性能 45 ・
右ページから抽出された内容
[ 内装 ]展示設備 保存技術 建材に含有する微量のガスが展示ケース内の空気環境に悪影響を及ぼし、特にエアタイ ト性能の場合、放散されるガスが抜けにくくなるためその傾向が多く見られます。そのた め、展示ケース内装材に使用する建材、接着剤等の副資材はVOC及びアンモニア、酸性 物質をなるべく含まない材料を選択することが必要です。オカムラでは、内装下地に合板 を使う場合、出荷前のシーズニング・指定接着剤使用・防虫カプセル内蔵の「インセクター ボード」使用を推奨しています。(→P.113参照) ※・展示ケース内空気環境を最適に保つために展示ケースの・ 定期的な換気は必要です。(→P.50参照) [ 外装 ]展示設備 ガラス以外の外部仕上げは、スチールパネル・焼付塗装を標準とします(色はご指定色)。 他にシート張り、木質仕上げにも対応できます。・ 巾木については、一般的に隣接する壁の巾木高さと合わせます。・ 詳しくは、担当者へお問い合わせください。 クギまたはピン 布クロス インセクターボード プラスターボード(下地) エアタイト鋼板 46 展 示 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。