ミュージアム総合カタログ Vol.1 47-48(48-49)

概要

  1. 展示ケースの構成と性能
  1. 47
  2. 48

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
○エアタイト評価方法・空気交換率トレーサガスを用いた24時間当たりの換気回数を数値化したものです(JISA1406)。展示ケースでは窒素ガス(N2)を一般的に使用して評価します。(→P.137参照)オカムラの展示ケースエアタイト基準は以下の通りです。壁面展示ケース0.5回/1日以下  独立展示ケース0.3回/1日以下※さらなる高気密性能の展示ケース製作も承ります。・温湿度測定データロガーにてケース内外の温度・湿度を1週間測定し、ケース内部の湿度変動推移でエアタイトを判定する社内基準。ケース内湿度変動が1週間で±5%以内を合格とする。※調湿剤セッティングの際の室内湿度が、調湿剤設定湿度と同等にすることが前提室内空調展示室展示用に調湿された空気室内空調の空気エアタイトケース熱対流調湿剤[展示空間]保存技術「保存展示」のために重要な考慮事項である、「エアタイト」と「ノンエアタイト」の機能を比較します。それぞれのメリットとデメリットを把握し、館の状況や作品に合わせてお選びください。○エアタイト式展示ケース外部の空気(保存に悪影響のある)のケース内部進入を防止し、ケース内部の湿度を安定させるとともに、ホコリや害虫・有害ガスなどの侵入を防ぎます。展示ケースがエアタイトを形成する構造になっています。オカムラでは、エアタイトラインに鋼板(0.8㎜厚以上)を使用することで堅牢で耐久性のある仕様となっています。エアタイト式の場合、内装材の微量な放散ガスが滞留しやすくなります。○ノンエアタイト式展示ケース外部の空気をケース内部に取り入れます。展示ケース外部の空気が清浄であることが前提です。展示ケースの構成と性能ケース内空気がほぼ密閉されます。・劣悪な外気のケース内流入を防止。・調湿剤の効果を最大限に発揮し、急激な湿度変化を防止。・他館との展示品貸し借り条件にも含まれる場合があります。・空気交換率で評価します。ケース納品時に要望に応じて測定いたします。または温湿度測定でエアタイトを推定する方法もあります。・換気されにくいため、内装材からの微量な放散により、ガスの濃度は上昇しやすい環境です。室内空調展示室展示用に調湿された空気ノンエアタイトケース熱対流ケース内空気が密閉されません。・外気がケース内に入り込み、同調します。・ケース内のガスは換気されやすい環境。・エアタイトに比べ低コスト。・ホコリや虫などの出入りを遮断します。・展示室内の温湿度変化に影響されます。・重要文化財クラスの展示は不可の場合もあります。(国内の場合)47
右ページから抽出された内容
○耐震・基準展示ケースの耐震性能は、官庁施設の耐震計画基準にのっとり、水平加速度0.6G垂直加速度0.3G対して転倒・破損・故障が無いこととします。強固な下地軸組材で構成し、床・壁・天井の躯体にアンカーボルトにて固定をします。※詳しくは、各現場の施工管理者様と協議の上決定いたします。[地震対策]展示設備保存技術○方式・円弧状レール式・すべり式○形状・大型免震装置・小型免震台○免震免震の方法は大きく分けて、床免震、個別免震、建物免震の3種類があります。オカムラでは、展示什器そのものが揺れを大幅に低減し、展示品への影響を軽減する免震機構を取り入れた免震展示ケースと免震展示台をラインナップしています。大型免震装置円弧状レール式小型免震台すべり式こちらから免震実験の動画をご覧いただけます。http://www.okamura.co.jp/public/museum/menshinjikken/▶こちらからすべり式免震システムの動画をご覧いただけます。http://www.okamura.co.jp/public/museum/menshinsystem/▶48展示

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。