ミュージアム総合カタログ Vol.1 55-56(56-57)

概要

  1. 展示
  2. 壁面展示ケース
  3. 壁面展示ケース
  1. 55
  2. 56

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
壁面展示ケースガラス面と本体パネルをフラットに仕上げた、壁面展示ケースを大きく3つのタイプでご提案します。鑑賞しやすく美しい仕上がりといった意匠性はもちろん、どなたでも容易に作業できる操作性の高さも魅力です。55
右ページから抽出された内容
B・Cタイプガラス面と本体パネルに段差ができます。Aタイプ(エスポーレタイプ)ガラス面と本体パネルがフラットに仕上がるため、すっきりとした展示環境を提供できます。正面ガラス扉(フラットスライドドア)側面扉○壁面展示ケースの開口部は、正面から開くタイプと側面を開くタイプがあります。・正面ガラス扉(フラットスライドドア)可動ガラス扉とFIXガラスの重なりがなく、ガラス同士がフラットに納まり、展示物が見やすいのが大きな特長です。開口部の位置を選ばず、ケース前面に設置することで展示物の出し入れがしやすく、側面扉に比べて展示作業スペースが広く確保できます。また、ガラス扉、FIXガラスともに吊り下げ構造の場合、ガラスの自重による垂直方向の平滑も実現。さらに、ガラス扉については、開閉操作も軽くスムーズです。・側面扉展示ケースの側面や前面に設置される開口部。四方にスチール製の扉枠があり、グレモン錠とエアタイトパッキンで締め込み、高い気密性が保たれるのが特長で、従来からの標準的な開口部です。56展示|壁面展示ケース

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。