ミュージアム総合カタログ Vol.1 71-72(72-73)

概要

  1. 展示
  2. 展示パネル
  3. 展示パネル
  1. 71
  2. 72

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
展示パネル 絵画・ポスター・写真等の展示は、壁の面積によって出展点数が決まります。そこに壁があったなら…。 壁を任意の場所にレイアウトすることで多くの作品の展示が可能になります。オカムラでは、天井吊り・ 床固定・床置きの各種展示パネルを品揃えしております。 ミュージアムウォール P.73 可動壁 P.75 ヴィトラ P.79 メディアラウンジパネル P.76 ・ 71 ・
右ページから抽出された内容
○ パネルサイズ・ 天井吊り・床固定タイプでは、「展示パネル=壁」という考えから、パネ ルの厚みと巾及び高さサイズが重要なポイントになる場合があります。 厚み:衝立のような厚みの薄いパネルだと壁のイメージではない。 →・厚く製作することは可能ですが、パネル厚みを厚くするほど製品自 重が重くなり、建物にかかる加重、操作性、安全性に連動しますので、 ある程度制限があります。オカムラではご要望と状況を判断し、適 正サイズをご提案いたします。 巾:・巾寸法が小さいと、パネルを並べた際パネルの継ぎ目が多くなり、 意匠的に壁には見えない。またパネル継ぎ目に掛かる面に作品を 展示しにくい(意匠上及び安全面で)。 →・パネルの継ぎ目はどうしても避けられません。パネル巾を大きく製 作することは可能ですが上記同様のことが発生するため、オカムラ へご相談ください。 高さ:壁に見せるためには、床から天井までできれば塞ぎたい。 →・床から天井まで完全にパネルで塞ぐことは、可動式の場合非常に困 難です。また法規上並びに上記同様の問題もあるため、これについ てもオカムラからご提案させていただきます。 ○ 操作性・ 基本は二人一組で行ってください。パネルサイズにより製品自重が変 わりますので、それに応じて増員計画を立てて安全にお取扱いください。 [参考]天井吊りタイプの始動は約10㎏です。 天井吊りタイプはパネル設置場所が確定後、アジャスターにて位置を 固定してから、作品の展示作業を行ってください。床固定タイプはあ らかじめ床にボルト埋設したところにしっかりとパネルを固定してから、 作品の展示作業を開始してください。また展示した状態での、パネル 操作は絶対に行わないでください。 ○ パネル素材・ 構造体:スチール鋼材 下地:合板(インセクターボード) 仕上げ: 布クロスまたはガラスクロス展示パネルに作品を展示する際、一般的 に専用備品を使用しますが、表面材にピンを打つことも多く見受けら れます。ピン打ちを前提とした場合、表面下地材は木質系の素材が適 合し、特に反り等も少ない合板を使用します。オカムラでは出荷前の 枯らし管理と防虫対策を施した「インセクターボード」を推奨します。 ○ メンテナンス・ パネル表面に作品を展示する際、ピン固定を多く行います。作品撤去 後そのピンの跡が残ってしまいます。数年経過すると、パテ・塗装等の 補修跡が非常に目立つようになった場合は、表面クロスの張り替えを お奨めします。 ○ 動線・ 展示パネルで観覧者の動線を確保します。展覧会の内容にもよりますが、 通路幅は観覧者がぶつからないような十分なスペースが理想です。 [参考]・作品を観覧する適正距離は、「作品の対角サイズ×2」で目線が FLから1.5mの高さが良いとされています。 展示機能 保  存 展  示 収蔵庫展示 常設展示 随時展示 収蔵替展示 固定展示 固定展示 企画展示 一般展示 収蔵替展示 移動展示 巡回展示 自主企画展示 公募展示 多目的展示 参考文献:寺井徹・岡野真 文献より 平 常 展 示 特 別 展 示 参考文献:建築設計資料集4より 27 1.5m 10m 4m 830mm最適掲示面=3530mm 最大掲示面=5600mm 展示物の見やすい高さ 参考文献:建築設計資料集4より 展示設備 オペレーション技術 パネルの操作 展示物は必ず外し、ストッパーを解除の上、2名以上で歩く速度以下で移動してください。パネル 始動力は10kgf以下(パネル重量500kg)です。 固定方法 ドライバーなどをストッパーの穴に挿入して、回転させて固定します。 72 展 示 | 展 示 パ ネ ル ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。