ミュージアム総合カタログ Vol.1 83-84(84-85)

概要

  1. 収蔵
  2. 収蔵庫の設計プランニング
  1. 83
  2. 84

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
収蔵庫の設計プランニング [ 収蔵庫設置計画 ]オペレーション技術 保存技術 オカムラでは、収蔵庫をさらに安全に安心してご利用いただくための多彩な付帯設備をご用 意しています。収蔵品のサイズや点数に応じて、ラックサイズやレイアウトの検討などの収蔵 計画から設置・施工まで一貫して実施する体制を整備しています。 建築設計 スケジュール RC打設、枯らし 期間、竣工 要求性能 保存環境のレベル 収蔵庫の配置 面積、天井高さ、階層、・ 方角、出入口、エリア分け 一次壁(躯体) RC、耐火間仕切り、・ 乾式耐火パネル ※RC壁の場合はアルカリ対策 ※収蔵庫燻蒸の可能性 設備設計 施主 空気調和設備 性能、系統、空気層の考え方 管理計画文化財の格納計画 83 ・
右ページから抽出された内容
ラック 格納方法、格納計画、・ 素材の検討、使い勝手 ※・別途(施主側発注)の 場合あり 一次壁(ダンパー) 耐火ダンパーまたは・ セキュリティダンパー 断熱 二次壁 調湿内装の要不要、・ アルカリ対策、・ 放散ガス対策、耐荷重 外部仕上げ 気流シミュレーション 吹出し・吸込み口とラックの取り合い 格納計画、使い勝手 気流シミュレーション 一次壁(扉) 収蔵庫扉または・ 特定防火設備 保存環境、IPM 84 収 蔵 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。