PRECEDE[プリシード パーティションシステム] 15-16(16-17)

概要

  1. ケーススタディ
  2. 遮音性・安全性
  1. 15
  2. 16

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
CASESTUDYオカムラガーデンコートショールーム15
右ページから抽出された内容
遮音性・安全性FUNCTION&SAFETY遮音性安全性加振地震波名称結果10161309320設備機能低下なしXYZ●試験方法:JISA1416準拠●試験所:(財)小林理学研究所●評価方法:JIS1419-1(ISO717-1)準拠※音響透過損失は実験室における測定データにつき、周囲付帯状況により左右される現場での性能を保証するものではありません。●試験所 (独)都市再生機構 技術研究所●試験体 ダブルガラス3連装 (製作範囲最大高さ)板ガラス板ガラス防音特殊フィルム125250500100020001020304050607080中心周波数(Hz)音響透過損失4000(dB)125250500100020001020304050607080中心周波数(Hz)音響透過損失4000(dB)ダブルガラス連装ガラスパネル片寄シングルガラス連装オールパネル(標準)オールパネル(遮音)オールパネル(高遮音)TLD3929293433STC4536384746ダブルガラス連装■ガラスパネル遮音性能比較(音響透過損失)■スチールパネル遮音性能比較(音響透過損失)オールパネル(遮音)オールパネル(高遮音)オールパネル(標準)片寄シングルガラス連装万一割れても飛散しない防音合わせガラスは、遮音性能のみならず、振動台加振試験、面内変形試験、衝撃試験、加圧試験等においても、オフィスに求められる高い安全性を確保しています。2枚の板ガラス間に防音特殊フィルムを挟んだ防音合わせガラスは、コインシデンス(共振)効果による遮音性能の低下を抑え、音域全体で優れた遮音性能を発揮して、音に関する問題を軽減します。音響透過損失単一数値評価(dB)右記の地震波での振動台加振試験を行い、ガラスパネル脱落等の、人命に影響を与えるような設備機能低下がないことを確認振動台加振試験部材角1/75rad(静的・動的加力)においてもガラスパネルに割れ・剥がれなし面内変形試験(JISA6512準拠)ガラスパネルに割れ・剥がれなし50kg衝撃試験(JISA6512準拠)ガラス・スチールパネルに割れ・剥がれなしパネル加圧試験東北地方太平洋沖地震(K-net仙台波)振動台最大入力加速度(gal)スチールパネルRw(C;Ctr)45(-2;-6)36(0;-2)39(-2;-6)45(-3;-10)46(-4;-12)500Hz41.2333953.854.716

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • ■カテゴリ

    • マイバインダー

      マイバインダーは空です。